山本彩『α』

発売自体はかなり前なのですが、山本彩サマの3rdアルバム『α』をご紹介。
2ndアルバム『identity』が僕の中で、ここ数年聴いた作品でトップ3に入るような名盤なわけですが、それを受けてのサードでございます。

といいながら…2年チェックしてないのはスルーしてくださいwww

 

相変わらずこの人、声と歌い回しがいいです。
クセがない声質でスッと心に入ってくる感じが素敵、技術的に上手いとは別なところで気持ちが入るのは天性なんでしょうね。

プリプリ、矢井田瞳、YUIと昔からバンドライクなポップロックを歌う女性ボーカルものが好物なのに、現在こういう音楽をやる人も少ないので(あいみょんはちょっと違うんだよなぁ…苦笑)その辺もツボです。

 
この作品における最大のポイントはオール自作曲となったことでしょう。

前作までは職業作家やメジャーなミュージシャンからの提供曲と半々だったのが、今作では(一部競作がありますが)全曲の作詞作曲クレジットが『山本彩』となっています。

ここに関しての感想は後ほど、として…
「裏方マニア」としてはそこに連ねるアレンジ勢がヨダレもの…

 
亀田誠治、小林武史、寺岡呼人、根岸孝旨、大木伸夫(ACIDMAN)…
 

何このオールスター

「亀田、小林、寺岡」て…、まんま日本代表のクリーンアップ。

そういえば小林武史が手がけると発表されたヤフーニュースのコメント欄が彼女の身を心配する声で埋まっていたのが印象的でしたwww
 
ちなみにこのオールスターメンツの中で、一番サウンドが残ったのは「小名川高弘」という方なのですが、こちらも後ほど。

 

 
てなわけで本編へ。

1曲目、美しいバイオリンから南米感?のあるピアノが印象的な『unreachable』でスタート。
「葉加瀬太郎プロデュース?」と錯覚する情熱大陸な感じですw

いやーカコイイアルヨ。

前作もそうでしたが「弦+バンドサウンド」というのが彼女のイメージに合うんでしょうね。
中盤から登場するファズをかました下品(誉め言葉です)なギターと、上品なピアノ&バイオリンの対比が素晴らしいですね。

これは亀田?小林?と調べたら先述の「小名川高弘」というクレジットでこの方が気になりだしました。
 

 
続いて2曲目『イチリンソウ』
曲名・歌詞や全体の世界観とか得意な感じなんでしょうね。

自然にスッと入ってくる曲です、彼女のフレーズ歌い終わりに“残響”があるボーカルワークがグッときます。

 

3曲目、小林武史プロデュースの『追憶の光』。
イントロから武史節・全開
マイラバかミスチルの曲と言われても何の違和感もありませんw

個人的な印象なんですが小林武史のプロデュースって割と自分の枠を当てはめる印象があるので、桑田佳祐や桜井和寿みたいに作者側に同レベルの才能・個性が無いと演者の色が損なわれるトコがある気がするんですよね…

そんなこの曲、とりあえず耳を引くのは…

リズム隊、誰だ?

ドラムとベースの仕事が素晴らし過ぎる。2番Aメロの淡々とベースが刻む裏でドラムがタム回しするとことかたまらん。

「カースケ&亀田」の黄金コンビなのかなぁ?もしくは山木さん??
とにかくリズム隊が劇的に素晴らしいプレイをしてます。
 

 

んで4、5曲目辺りから…割愛www

と、いうわけでここで「全曲自作」に対する感想。

まず前提として僕は「山本彩好き」ではあっても「山本彩ファン」ではないというのがあります。
アルバム出たらサブスクでチェックするだけというライトユーザー。
初回盤だなんだで何枚も円盤買ったり、ツアー複数参戦するようなこともない。

そのライトユーザー的に正直な感想としては、まぁ、前作の方が”完成度”は高いよねと。

 

 
世の中に何曲もヒットを送り出しているミュージシャンや、音楽理論に精通し流行から逆算して時代に合った曲を作れる職業作家の作品はやっぱり凄いわけですよ。

昔、何度かTOKIOのライブに行ったことがあって、その頃はもう長瀬が作曲に目覚めててアルバム・ライブも自作曲が増えてまして。
もちろん決してそれらは悪い曲じゃなく、むしろ悪くないからこそ…1万人が埋まった武道館で『AMBITIOUS JAPAN!』や『宙舟』流れた時に、それらの楽曲が発する圧倒的な”格”や”艶”みたいな物を感じるところがあって。

それに近い感覚がありました。
 

 
と、いうわけで…ライトユーザーが聴いた率直な感想として、言葉を選ばずに言えば…割としっかり中だるみしとります…苦笑
 

 
ただまぁ、プロデュースチームはそれも”覚悟の上”での全曲自作な気はします。

それを一番感じたのは寺岡呼人が手掛けた『君とフィルムカメラ』。

素人耳で聞いても曲にも詞にも色々”粗”があるんだけど、もうそのままそれを”個性”としていきましょう、という。

ジュンスカがデビューした頃なんてもっと下手だったよ~ハハハーみたいな。

 
多分この曲、本人にギターも弾かせてるでしょ??

こういう”未完成の味”みたいなのを出してくる感じは、亀田・小林とも違ったバンド出身の寺岡呼人らしいアプローチで興味深かったです。

 

 

話は逸れますが…『TRUE BLUE』て「まさかルナシーのカバー?」と思って、イントロもそれっぽい感じだったので一瞬騙されましたw

 

 
そんなんで、こんなそのまま終わるかと思いきや、8曲目の『棘』で持ち直します。
意外にもこういう世間にモノ申す的ROCKがしっくりくるんだよな、ちょっと青臭い感じがまた良いです。

そしてアルバム最後を飾る『Larimar』も名曲。
こういうフォークタッチの曲との親和性は見事ですね、こういう歌を歌えるシンガーは貴重です。

 

 

というわけで、アルバム全体を通すと、先述のように単純にライトユーザーが”聴くもの”として一聴した感想としては、いい曲もあるけどそうでない曲の差が大きく、通すとちょっと…、てな感じです。

まぁ制作側もこの辺を分かった上で、彼女がミュージシャンとして成長するための”過程”として捉えた丁寧な作品作りも感じますね。

現時点の「点」として評価しない方が良い作品かもしれません。

でも個人的な好みとしては…R&Bとかラップみたいな曲は…いいかなぁ…というのはあったりなかったり苦笑

 

 
長々書きましたが、実はこの後の作品を聴いて遡って当作を聴いてまして。
このアルバムを「成長の過程」と強調したのはそれが理由です。

次作収録の『愛なんていらない』という曲で彼女の才能がもう一段開花した印象があったのですが、これはまた別の機会に。

 

コメント