UNITEの共演曲を考えてみる【B’z VS XXXXXX】

んーーもう最近なんかストレスなので楽しい妄想をば…
ミスチル、GLAYとの共演が話題になったB’zですが、個人的な感想としてはB’zが”相手側”に入った時の共演曲が”完璧”という印象でした。

ミスチルの『Everything』は”ミスチルでギターソロといえば?”という曲で、このパートをtakが料理するというだけで惹かれますし、GLAYの『彼女の“Modern…”』もB’zがやったら一番”面白そう”と感じる楽曲だったと思います。

 

 
と、いうことで…

他のバンド、シンガーと共演した時に何がベストナンバーかを「相手側/B’z側で」チョイスし、ツラツラと書いてみようかと。
あくまで”シャレ”なんで、個々のバンドガチ勢の皆さん…いろいろマジツッコミはやめてください…苦笑

では、行ってみましょう!!

 

 
■VS『L’Arc-en-Ciel』

・ラルク側『花葬』
・B’z側『LOVE PHANTOM』

「GLAYとくればラルク」ということでw
GLAY以上に接点がなさそうですが…

これ、B’z側は世界観とか加味して『LOVE PHANTOM』しかないと思うんですよ。
問題はラルク側…アップテンポの曲でkenとのギターバトル的な展開もいいと思うんですが、ここはB’zにあまりないダークな雰囲気の曲でtakの音色や稲葉の声がどう活きるのか、という音楽性での共演をみたいところです。

 

 
■VS『氷室京介』

・氷室側『ONLY YOU』
・B’z側『愛のままにわがままに僕は君だけを傷付けない』

takとのソロ共演、今やB’zのバンドメンバーとして欠かせないYTの繋がりと”無くはない”気がするヒムロックとの対バン。
このパターンは氷室のバックをB’zバンドが兼ねられるので経費削減にもなるかとw

氷室側はとにかく「tak松本がBOOWYの曲を弾く」というインパクトなんで『マリオネット』でも『B.BLUE』でもいいと思うんですがw、折角ならギター難易度が高く布袋のバッキングが完璧なこの曲をどう捌くのかを聞いてみたいかな、と。

B’z側は考えてみた時に「意外とB’zの曲って歌詞の世界観的に氷室が歌う感じが浮かばないなぁ」という気がしまして、その中で割と”氷室っぽい”響きがするこの曲をチョイスしました。

 

 
■VS『Official髭男dism』

・髭男側『FIRE GROUND』
・B’z側『ZERO』

若手ならば、ということで髭男サマ
個人的な好みありありw

多分この2曲でファイナルアンサーな気がします。
『FIRE GROUND』のライブバージョンで加えられているゲイリームーアみたいな泣きのイントロと間奏のディープパープルみたいなアルペジオをハモって欲しいな、と。

んでB’z側は髭男の“ピアノ力”をイントロから見せつけられる『ZERO』しかない。

ハマる曲がすぐ見つかるとつまらんな…w

 

 
■VS『ASKA』

・ASKA側『僕はこの瞳で嘘をつく』
・B’z側『TIME』

※おまけ
オーラスは『YAH YAH YAH』から『ULTRA SOUL』の強烈メドレーでw

 
ハイ、義理として?入れとかないとさーと…汗
ぶっちゃけB’z側にメリットないけどwww

というわけでASKAは僕瞳でしょう、稲葉さんがモニターに足かけてシャウトして松本さんがギュインギュインいわせてもらいたいところです。

B’z側は発売当時「チャゲアスっぽくね?」とまことしやかに言われていた?『TIME』をチョイス。
このカバーは普通に聴いてみたい。

あとはまぁアンコールでこの鉄板メドレーはやって欲しいところw

 

 

■VS『サザンオールスターズ』

・サザン側『マンピーのG☆SPOT』
・B’z側『EASY COME EASY GO』

※おまけ
オーラスは『勝手にシンドバッド』から『ULTRA SOUL』の強烈メドレーでw

 
本当の意味での『頂上決戦』…プロレスとかでのあるある「本当にトップ同士は戦わない」ということで、絶対実現しないだろうな、というのが逆にいい感じですが。

まぁこれぞ”妄想”の醍醐味。

サザン側はこれっしょ?
最近レイドバック気味の桑田さんにロックしてキレてもらいましょうw

あのイントロのリフをtakがガツンと。
あと2番アタマの歌詞を桑田佳祐が『芥川龍之介が”B’z”を聴いて』と歌って客席を煽る画まで浮かびますw

B’z側はミディアムテンポの曲を歌う桑田さんが好きなので『EASY COME EASY GO』を。
何となくこの曲のサビを歌ったら似合うと思うし。

あとはまぁアンコールでこの鉄板メドレーは…以下略
 

 

■VS『TUBE』

・TUBE側『SUMMER DREAM』
・B’z側『太陽のKomachi Angel』

※プラス
『JAGUAR ’13』~『Thousand Dreams』でのギターバトル

「何故TUBE?」という問いに答えれるならば…TUBE自体は割とどうでもいいww
春畑VS松本の2大メジャーバンドにいる達人ギタリストの対決が見たい、それだけwww

 

 

■VS『小田和正』

・小田側『ラブストーリーは突然に』
・B’z側『ALONE』

「ありえないシリーズ」として小田先生
 
「これが弾けなくて何人もギタリストをクビにした」という“あのイントロ”をtakに弾いてもらおう、とw
リハやMCで「ギター、全然ダメ!!」などとガツガツ上からダメだしする小田先生と中学生みたいにシュンとするB’zを見てみたいwww
 
B’z側はむしろ『ギリギリCHOP』とかやって欲しい気もしますが、ご老体に無理はさせずに無難な選曲をw
小田先生がカバーした時の伝家の宝刀”本家がとまどう勝手に歌いまくる裏メロ”を炸裂させて欲しいトコロです。

 
 
■VS『X JAPAN』

・X側『ART OF LIFE』
・B’z側『ギリギリCHOP』

※おまけ
オーラスは『紅』から『ULTRA SOUL』の強烈メドレーで

「実現しない頂上決戦」の究極形でしょうな。

共演はB’zさん、30分頑張ってもらいましょうでの『ART OF LIFE』
その代わりB’z側ではYOSHIKIの首を差し出しますとwww

これは、まさに”妄想のなせる技”ですな。

あとはまぁアンコールでこの鉄板メド…以下略
 

これ、いくらでも書けるな…w

コメント