現状での”ライブ参加”に想うこと

久々に馬の骨が遠吠え

ことのきかっけはChage、ASKA、髭男と、嗜好的に僕のツイッターのタイムラインで多く見かける方々が同時期にツアーに入ったんですが、その関連ツイートを見てると…誰のファンに関わらず…

『全公演参戦します!』
『福岡と名古屋は席が悪くて…』

といった投稿が散見され、率直な感想として…

”ビックリした”

と。

 

 
まず、僕の立場、考えを述べると…コロナ対策および興業開催に対しては…ぶっちゃけ…

“ユルユル”

最低限の対策をしてあればライブやりゃいいし行けばいい、と。
フジロックも例の密フェスも開催自体が悪いというより、”やり方がマズい”という感想だったりします。

マスク・手洗い・うがい以外は別に「普通の日常」だし、帰省とか外出はある程度気にしてますがそれも感染対策というより”世間体対策”です。
 

ちなみに自身のライブ参戦に関しては、現状では年内は全スルー予定。
豊洲はチャリで行ける距離なんでどうすっかなぁ、と悩んでる、そんな感じです。
 
行かない理由も別にコロナ対策というよりも、子供が休校になったり遊びに行かせるのをある程度制限してる中で自分が行くのもなんだかなぁ、というイーカッコした建前の下…

ヨメと子供の白い目に耐える労力 > ライブ

というシンプルな本音でございます笑。
ぶっちゃけA関連でモチベ自体も下がってますしね…苦笑
 

 

と、自分の立場はあくまでユルユルの肯定派とした上で…

 

 
“にしても!!”

 

 
というのが…ハイ、あります。

仮に僕がファンモチベ・ライブモチベMAX、コロナなんて知るかい!!状態で複数チケを取ってたとしても、正直…

黙って・コソっと行く

と思います…苦笑

 

 

現在、コロナ初期と違いそれぞれの立場、ワクチン接種の有無を含めた状況、経済状態などにより考えに大きな違いが出来、そしてどれが正解というのが無い状況なわけですが。

とはいえその中で”まぁまぁこの辺”というラインはあると思ってます。

『旅行は近場の温泉』『酒無しでランチするのはいいんじゃない?』的なヤツです。ちょっと難し気に言えば、個々の経験や空気から導かれる最大公約数的な世論、とでもいいましょうか。

日本人的な日和見主義といえばそれまでですが、個人的にはこの“自然発生する閾値”というのは馬鹿に出来ないと感じています。

そして、そのライン内の外出・遊興でも、あまり近所や職場には公言しない流れはある気がします。

おおっぴらに『××行ってきたわー、空いてて逆に快適だったわよー』などと言う人がいたら、”行ったこと”ではなく”言ったこと”に引かれると思います、というか僕も引きます。
 

 
んでこれから先も、この『”世間体”を気にした常識』みたいなもんを前提に話を進めます。

 

 
ライブ、舞台、スポーツなどの有観客イベント…、実は今年の春位から割と普通に行われていまして、動員絞ったり配信と並行したりなのはご存知の通り。

んで夏頃から本格的にイケるんじゃないか?と予想され、慎重だったアリーナ・ドームクラスのバンドもスケジュールが入ってきてました。

ところが…五輪含め「夏にここまで多くなってると思わなかった」というシンプル予想外の結果が今だと思います、菅さんもそこは正直に認めてましたが。
 

 

とはいえ、現実としてはコロナになって一番多いレベルの感染数を記録、ワクチンはもうちょっとかかる、一応、緊急事態宣言が出ていて県をまたぐ移動は避けるように言われている地域も多い…という“事実”はある。

 

 
その現状を踏まえて、今この手のイベントに参加する事が世間的にどうだ?といえば…

行くことは否定されないけど、いい顔はされない

て感じだと思います。

 

 
で、例の”フワッとした世の中の閾値”を持ち出すと、ライブ参戦に関して“何とか世間サマに許されるトコ”ってのは…僕自身”行きたい側”として甘々にみて…

 

極力自宅から最寄りの会場で、1公演のみ

 

というのが”ライン”じゃないかなぁ、というのが僕の意見です。

 

 
一般的視点でいえば、これ以上は例の密フェス参加者と同類と見られても仕方がないと思います。

んでその行動が推しの評判や今後のライブ開催の判断を悪くすることに繋がるとすら感じています。
実際、フジロックと密フェスのせいでフェス自体の開催に原則禁止の通達が出そうなわけですし。
 
あえてこの言葉を使うなら”常識”として見た場合、現状下では同一アーティストのワンツアー全国遠征・複数公演の観戦は明らかにその枠から外れているというのはまぁあると思います。

 

 

あとねぇ…もっと言いたいのが…『ファン』という視点で語るならば…

それ、アーティスト本人の意図に反してねーか!?

と。

 

Chageが1日2公演にしたり、日本一集客に不安が無い髭男が、都市部の大バコだけでやった方が高収益、低リスクなのにあえて全国の会場を細かく回る理由・意図を、何で彼らを一番に思っている“ファン”が汲めないかなぁ?という。

同じ人が2公演両方にいたら「感染リスクを下げる」効果を薄めるし、遠征したら「なるべく県をまたがないでライブに行けるように」と細かく回ってくれてるバンドの思いやりを台無しにしてるわけでしょ??

アーティストが頑張ってる対策をファンが潰してどないすねん?と。

これを「だって見たいんだモン」てな“ファンの熱量”で押し切るならそれは「宿泊ホテル前に行く出待ち」と思考のベクトル的には変わらんと思うぞ…
 
これは昔から感じる”ファン心理”の疑問ではあるんだが…(僕はこの辺の信仰心が無いのでw)。

もっとも…ここは正直グレーゾーンで、ぶっちゃけツアーの観客数は「延べ人数」と「来訪者数」は大きく開きが出る(特にベテランにるほど)わけで、FCに限れば「ひとり1公演」にするのは簡単なのにしてないのであれば、バンド側も「形だけ」という気もしますが…苦笑

  

あとはまぁ「コロナ自体はどーでもいい」という立場の僕が言うことでもないんですが、ビートたけし昭和の名言『赤信号、みんなで渡れば怖くない』は、あくまで”歩行者向けの標語”として笑えるわけで、今回のケースは車の運転手が信号無視してる可能性が充分にあるというのは忘れてはならないと思います。

 

難しいところだと思うんですが…いや、ライブ普通にやって欲しいし推しには活躍して欲しい。
そのために…と感じたことを書いてみました。

 

 

コメント