B’zが凄い

さてタイトルの通りですが…

B’zが凄い

のですよ。

 

 
「何分かり切ったこと言ってんだ!」とツッコまれると思いますが、いや元々凄いのは分かった上で…

”ここ最近の”B’zが”さらに”凄い

のです。

 

 
特に稲葉のボーカル。

チョー上から”何様だ”とセルフツッコミしつつ書くと…

稲葉浩志というボーカリスト、僕の中ではスタジアムをノックアウトする「ロックスター」としては言うまでもなく超一流、日本トップの存在と理解している一方で、「歌を聴かせるボーカリスト」という視点で見た場合、それこそまぁASKAであったり桑田佳祐、桜井和寿といった名前と比較して”ほんの少し及ばない”という印象がありました。

 

 
だから歌モノ好きな僕としては「B’z好き」であっても「B’zファン」ではない、と。

ところがここ最近のB’zの楽曲を聴いた印象…

稲葉、メッチャ歌上手くなっとる!!

 
 
きっかけはサブスク解禁で過去のヒット曲、思い出の曲を聴きまくった後に、ふと最新曲『きみとなら』を聴いたこと。
歌いだしのボーカルから入ってくる”情報量”みたいなものが、これまでの楽曲と比較して明らかに増しています。

高音をシャウトしたり、複雑なメロディーラインを歌いこなしている訳ではなく、B’zにしたらシンプルなメロディーなんだけど、これまでの歌よりもはるかに”グッと”くる。

 

そして、DVD発売のプロモーションとはいえこれタダで見せちゃマズいよというYouTubeでのスタジオライブ配信。

現時点で『ALONE』と『Callng』の2曲が配信されているわけですが、これがまーーーースンバらしいわけです。

 

もうね…非の打ちどころがない

 

話は逸れますがこの動画で起用しているリズム隊「玉田豊夢(Dr)&種子田健(Ba)」が絶品。

特に今脂が乗り切っている感じの玉田豊夢のドラムが素晴らしいっすね、音がいいんだわー。

 

 
そんな極上の演奏の中で、ふたつもみっつもフィールドが上がった感がある稲葉のボーカルワークが冴えわたってます。

『ALONE』も『Calling』も僕世代は何回聴いたか分からないような楽曲ですが、だからこそ感じる進化した”深み”がグッときまくりです。

こんだけリピして聴いてる動画、あんまりありません。

”これがタダ”というのが恐ろしい…マジで金払いますぜ、みたいなw

なにより、このパフォーマンスを見ちゃうとまたライブ行きたいなぁという欲求にかられますね。

 
最近遠ざかっている人、あんまり聴いたことない人…ぜひこの動画をきっかけに”最近のB’z”を体験してみてください。
 

 

 

コメント