ASKA『Breath of Bless』

ASKA『Breath of Bless』 C&A

てなわけでASKAのニューアルバム『Breath of Bless』が発売になりましたね。

 

 

いやーー、今回悩んだわー
 

 
買うかを(そこかぃ!!)

 

 

たけーよ4500円…涙

結果PayPayのボーナスポイントがいい感じであったんで、Yahooショッピングでの購入となりましたw

配信と悩んだんだけど、金払うならパッケージが欲しいなぁ、という貧乏性。

 

 
とはいえこのご時世、しょっぱいレビューを書きたくねーなー、などとも思っていたわけですが。

 
結論として…

 

イーーじゃない・イーーじゃない

 

 

 
「ネバエンを超えた最高傑作」と言ってるみたいですが、いやそもそも僕の中ではネバエンが最高傑作じゃねーから?と。

 

 
全体を通して言えば、宅禄ベースの制作のコツをつかんだ、というかそんな印象。

本来の強みである“リッチなスケール感”みたいなのが後退したのは残念ですが、前2作に比べ“物足りない”という感じは無く、現在の制作環境の中で“それはそれで良い”というサウンドを作り上げてきたな、と。

 
何曲かはライブで先行して聴いているんですが、恐るべきことに音源の方が印象が良いという。

 

 
一通り聴いた印象としては、全体を通し佳曲揃いの良アルバム、という感想。

てなわけで聴いて出しの全曲レビュー、いってみようと思います。

 

 

01.憲兵も王様も居ない城

曲名といい『Kicks』収録の『馬から降りた王様』の続編のような曲という印象。

イントロのギターや全体の雰囲気はポリスの『見つめていたい』を思い出します(というかおそらく完全に意識している)。
 
「AM9時」と「I am GENKI」で韻を踏むあたりは、流石の韻マスター。

 
歌も”張らない”方が今のASKAには似合ってるかも。

 

 

02.修羅を行く

ベースのリフが曲全体を引っ張るロックナンバー。
ベースラインが先導する曲ってのは実はASKAの十八番、「Hung up the phone」なんかが分かりやすいとこ。

ライブで何度か聴いてるんすが、音源で聴くのは初めて。
「ライブで聴いてる時、そこまでいい曲とは思ってなかった」という逆パターンの感想。

打ち込みのドラムとか、最小編成の宅禄っぽい感じがプラスに出てる印象なので、ヘッドフォンで部屋の中で聴いた方が曲の持つ「閉塞感」みたいなものが引き立って良いのかも。
 

あと曲の終わりが…とてつもなくダセェw
 

 
03.どうしたの?

おおっ!いいじゃん!!

と。

『通り雨』とかもそうだけど、ここ最近の楽曲群ではこの手のフォークっぽい優しいラブソングはグッときますね。

 

 
04.未来の人よ

(あんまりイイ意味じゃなく…)

“あぁ、ASKAだなぁ…”

という曲…苦笑。

 

『古き良き昭和』の映像が浮かぶという意味では似合ってるんじゃないでしょうか。

寅さんとか思い浮かびますね。

 

 

05.忘れ物はあったかい

『MOZART VIRUS DAY』とか「『SEE YA』『TREE』あたりのチャゲアスアルバム曲」という印象、なんか懐かしい楽曲ですね。

この曲カッケーな。
つかみどころが無く展開していく感じ、浮遊感がたまりませんわ、クセになります。

ライブで聴きたいけど、この立ち位置の曲、外れるんだろうなぁ・・・

『アルバムツアーはやらない』って公言しちゃってるみたいだけど、やっぱこの人はアルバムアーティスト、レギュラーツアーは『アルバム全曲』を軸にセットを組んで欲しいなぁ。

 

 
06.百花繚乱

前のライブで聴いたときから「カッケー」と思った曲。

全編通してのダッサダサのテクノなリズムとシンセがメチャメチャ良い。
曲のタイトルと言い、中期のプログレってた頃のオマージュな感じがGOODでございます。

終わり方のダサさも良いw

ライブでも育ちそうだし、なかなかにグッとくる曲ですな。

 

 

07.イイ天気

(これはイイ意味で…)

“あぁ、ASKAだなぁ…”

という曲…苦笑。

 
最近のASKAを象徴する曲・歌詞かと。
こういう曲がライブでも“入って”くる感じです。
 

メロディーメーカーとしての素晴らしさも改めて実感できる名曲。

 

 

08.虹の花

“一番好き”

『天気予報の恋人』的なミディアムポップ。
こんないい曲が書けるんだから『天気予報~』やらんでこっちやろうやw

騒動後って『東京』とか『Black&White』とか、ポップ系のナンバーでいい曲沢山書いてるのに、ライブでやらないのが残念。

下手なチャゲアス曲よりも10000倍コッチ聴きたい。

 
ひげだんにハマって以来シンセフェチなんで、イントロのシンセでメシが3杯いけるね。

最近の曲にしては珍しく歌詞にもグッときましたね。
この“こねくり回す”感じがあってのASKAだろ、と。
 
ド頭2行に久々に”飛鳥涼”を感じました。

 

 
つか、この人最近『歌詞に4時間以上かけない』とか言ってるんでしょ?
 

馬鹿なふりしてあえて言うぞ…

 

推敲が足らん(爆)

 

コネにコネて手垢ついて、なんなら元の小麦粉が無くなる位までコネた末に出てきたものがASKA詞の魅力だろ、とw(ネタだぞーマジになるなよー)

 

 
09.じゃんがじゃんがりん

こちらも最近よく顔を出す拓郎的フォークロック。
初期~中期の臭いが嫌いじゃ無いっす。

何度も言うが、こういう曲出すならしっかりライブでやって欲しいんだよなぁ・・・

 

 

10.歌になりたい

(今度もまたあんまイイ意味ではなく…)

“あぁ、ASKAだなぁ…”

という曲…苦笑。
 
分かるよ、この曲に肩入れする感じ。

ライブでは外れないんだろうなぁ~と…苦笑。

まぁ『世界にメリクリ』が苦手な僕としては、チャゲアス絶頂期に出してたとしても「自分的には苦手…」と処理されるタイプの曲なので、むしろ“ASKAあるある”な1曲。

 

 

11.消えても忘れられても

ここにきてぶっこんでみようかなぁ…

『歌になりたい』で終わりの10曲入りアルバムで良くね?

集中力切れた~涙。
 

あっ、でもこの曲は好き。
『Too many people』的な吐き出し系、中二系な曲。

こういう曲、もっとあってもいいと思う、んでライブで感情込め過ぎて壊れて欲しい。

 

 

12.青い海になる

おっ、カッコいい。

『と、いう話さ』に次ぐ、ASKAコトバ遊びの新機軸が発揮されとりますな。

最近ではこの感じの歌詞の作りが面白くて好き。

 

何度でもいうぞ、出したからにはこういう曲、ライブで外すなよー

やっぱり彼はアルバムアーティストでライブで全…以下略

 

 
13.星は何でも知っている

カバー曲だと思ってたら違ったw

“2番目に好き”

 

メロディーが素晴らしい。
いい曲だぁ~、この曲・いい曲だぁ~。

やっぱ『服を着よう』みたいなこの人の”印籠”にはグッと来ますね。

 

弾き語りで聴きたいなー出したからにはライ…以下略。

 

 

14.We Love Music

おーーこの曲、ライブよりもスタジオテイクの方が全然印象いいじゃん!!!

 

うぉ~ロックぅ~~、ビートルズ~~!!!

 

『未来の勲章』『fellows』に次ぐ感じ、ざっくりとしたミディアムロックは今の声やサウンドの感じにもハマりますな。

 
 
ポールマッカートニーのライブでお馴染み、アビロードB面メドレーを意識したアレンジが素敵、特に曲アタマの入りが秀逸。

ギターの粗い音とか“Chageっぽい”んだよな。
「Chageが一番好き」と公言するアルバムの感じを演るのはニクい。
 

ライブではASKAを含めた是非フロントでのギターバトルをやって欲しいなー。
 

 
15.Breath of Bless~すべてのアスリートたちへ

“まさかのインスト”

『情熱大陸』の次期テーマソングをコンペってくださいw

 

 

 
というわけで、全曲通して捨て曲らしきものもほとんど無く、密度の濃い感じの名盤だと思います。

ぶっちゃけアルバムとしては10曲目までで1枚にして、残りは次にしても良かったという気もしますが…苦笑

 

 
 
これから聴きこんで感想も変わるでしょうが、とりあえずこれだけ”イイ感じ”のアルバムだったことに安心しました。

 

あとはこんだけみんないい曲なんだからライブで全…以下略…

 

でわ。

 
 

 

 

 




コメント