馬もCo2を排出します

野口健 グレタさん皮肉で賛否…環境活動家委縮させるの声も


アルピニスト・野口健(46)が12月12日、Twitterで環境活動家のグレタ・トゥーンベリさん(16)を非難した。ネットでは賛否が分かれている。
同日、Twitterにある記事を投稿した野口。そこには、グレタさんが電車に乗って食事をする様子が掲載されていた。そして、こうツイートした。 《あれ? 電車に乗っていらっしゃるのかな? 飛行機が× という方はもちろん車も× だろうし、てっきりヨット以外は馬車でご移動されていらっしゃるのかと想像をしていましたが…》 CO2の排出量が多い飛行機の利用を批判しているグレタさん。12月に開かれた「COP25」に参加する際、ヨットで大西洋を横断したことが話題を呼んでいた。

飛行機での移動に否定的なグレタさんに、「馬車で移動しているのかと思った」とつづった野口。そのツイートは“CO2を一切排出しない移動方法”を選択しなかったグレタさんを皮肉っているようだ。

いや~~~野口さん…

馬も呼吸するからCo2を排出しまっせw

というわけで、まぁこの後野口さん自身はトーンダウンして謝ってましたが。

 
グレタさん、熱意は良いんだけど行動の方向性が間違ってる典型という印象ですな。

そもそもね、このグレタさんもそうだけど、意識高い活動家が信奉している「Co2=地球温暖化の元凶」ってことが大嘘なのですよ。

熱心な活動家はこの点を調べていないのか、もしくは入ってくる否定的な意見にフィルタリングをかけているのか…

残念ながらサイトを閉じてしまったのですが、僕がこの手の論客として最も好きで信頼に足ると思っていた都村長生という方のテキストを引用しておきますので一読ください。

 
※以下、都村長生氏ブログより引用


・「温暖化の主原因がCO2である」という説は完全に間違っている
 
 もし仮に地球が温暖化しているとしても、「その主原因はCO2ではない」ということも、ファクトベースでロジカルに証明されていて、このことは中学生レベルの科学の基礎知識さえあれば誰にでもわかります。
 
 具体的には、
 空気中のCO2比率は350ppm、つまり空気中に100万個の分子があればそのうちわずか350個がCO2で、それが過去100年間で毎年約わずか1ppmずつしか増えてきていないことがわかっている(100万個中の350個が1年後に351個、2年後に352個・・・というレベルの増加でしかない)。
 

 IPCCの基本モデルでは、「CO2が300ppm増えて今の約2倍の濃度になると気温が1.2度上がる」とあるが、それを当てはめれば、「CO2が1年に1ppm増えると気温が0.004度上がる」という計算になり、1度上がるのに250年もかかることになる。
 

 それにも拘わらず「100年後に最大6度上がる」などという数値を導き出しているということは、どう考えても使用された改良シミュレーションモデルの中に恣意的な数値の増幅仮説がちりばめられていることは明白である。
 等々、物理化学の常識から考えただけで、「CO2のせいで地球が温暖化している」などという話が“トンデモ話”の類であることはすぐにわかります。
 
 ちなみに、「CO2増加が温暖化に影響するか、寒冷化に影響するか」と言われれば、物質(大半がハイドロカーボン=CとHの化合物)を燃やすと出てくるのがCO2ですから、もちろん温暖化の方向に働きますよ。しかし、そんな微々たるものを上回る温暖化要素や寒冷化要素は他にいくらでもあるのですから、少なくとも「地球は温暖化しており、その主原因がCO2であることも科学的に立証されている」などという話は明らかに間違いなのです。

 ところが現実は、その“トンデモ話”がまるで科学的に実証された「公理」であるかのように世界に定着してしまいました。その一番の原因は、IPCCという私に言わせれば「イギリスのサッチャー首相が石炭産業から原子力にシフトするために集めた“御用学者”と“官僚”の集団」の無理矢理作り出した“答えありき”の報告を、科学に対して絶望的に無知な政治家とマスコミが検証もせずに(できずに)信じ込んで、世の中に「地球温暖化・CO2主犯説」をいっぺんに広めてしまったことにあります(全く、政治家とマスコミの無知が引き起こす災禍は止まるところを知りません)。そして、その延長線上に「パリ協定」があるのです。
 
従って、パリ協定とは、
・温暖化するのか寒冷化するのか誰にもわからないものを「温暖化に向かう」と“決め打ち”して、世界的に温暖化対策を打とうとしている。

・明らかに間違っている「温暖化CO2主犯説」を根拠として、世界的に天文学的コストをかけてCO2削減対策を打とうとしている。

 という、どう考えても理屈に合わない有害な協定だと言わざるを得ないでしょう。しかし、この「誰かが止めないといけない」はずの“世紀の大間違い”に、権威のある(私に言わせれば利権の絡んだ)機関や団体等は未だにまるで宗教の如くしがみつき、無知なマスコミや政治家や宗教的エコロジストたちもそれに追随し続けているため、「地球温暖化・CO2主犯説」は全く止まらずにますます暴走している、というのが私の現状認識です。
 

 
この意見以上に納得できるテキストを読んだことが無いですし、誰か科学的にしっかり反論できるならばそれを聞いてみたいですね…

 
「100万個の分子のうち350個、それが100年で年1個増えているだけ」ってのには笑いました。
 

ここでのミソは「石炭産業から原子力にシフトするために無理矢理作り出した“」というとこ。

 
Co2削減を推進している環境活動家って大抵は原発も反対してる気がするんだけど、”Co2削減”を唱え始めたのは原発を推進するためと聞いてどう思うんでしょうね?

 
僕の意見なんてどうでもいいわけですが、引用したテキストは目を通しておいて損はないと思います。

コメント