一方、Chageは???

さて、「喧嘩両成敗」ではないですが?、珍しくChageについて語ってみようかと。

ご存知のようにブログで色々と書きまくるASKAに対し、Chageは一連の騒動ではブログ、ツイッターなどのSNSでは基本的に沈黙を守り、”当たり障りのない”無難な発言をメディアを通してしているというのは、客観的かつある程度共通の認識だと思います。

まぁ芸能人・オトナとして、ごく普通の対応をしている、といっていいんじゃないでしょうか。

 

これに対し「ASKAは本音を晒しているのに、上っ面の事しか言わない!!、プンスカプン!!」と声を荒げているASKA信者もいるようですが…

 

僕の感想としては、”やりあい”となって泥仕合化し、ワイドショーにこれ以上の醜態を晒すのは見たくないので、その一点だけでもChageのスタンスはありがたい、と感じます。

 

 
ビートルズとチャゲアスを両方齧っている人なら、何となく頷いてくれると思うんですが、Chageって発言などからジョンというよりも「リンゴ・スター」を思わせるんですよね。

 

 
ひょうきんで気さくっぽいパブリックイメージがありながら、4人の中であのジョンよりも気難しく、インタビューなどで一番記者泣かせ(割と最近までビートルズに関する質問自体がNGだったらしい)、そんなリンゴと同様の空気をChageからは感じます。

 

 
だから皮肉にもASKAが言った「本音を見せない」というのは正解という印象です。

 
改めて思い返してみると、インタビューとかでもネタとして笑いを取りにいっている部分以外でChageの”コトバ”って意外に残ってないんですよね…。
失言も含めて、度々ポロりをするASKAとは対照的。

 
だから今回の対応も、昨日今日始まったことではなく昔からの姿勢を貫いているといっていい気がします。

 

 

ただイマイチ見えないのが、解散を拒否するChageは「今すぐにでもチャゲアスをやりたい」のか、「将来的に二人の関係性が修復され時期が来たらやりたい、その時のためにCHAGE&ASKAという”存在”は残しておきたい」と考えているのか、ということ。

 
この点でどうもChageは後者と考えているのを、ASKAは前者と捉えてしまっているという食い違いがあるように感じます。

 
Chageだってバカじゃないわけで、今の関係ですぐチャゲアスが出来るとは思っちゃいないだろうし。

 
もっとも、ASKAのブログの端から感じるに、“チャゲアス”のある/なしで変わる楽曲の権利関係の所在と、それに伴う金銭の流れといったドロドロもありそうな気もしますが…、そこは弁護士とゴシップ誌に任せとけばよいかと。

 

 
あと、ここは完全に僕の推測ですが、彼には“小さな子ども”がいるでしょ?
これが大きいんじゃないかなぁ、と。
 
あれだけのライブ人がロングツアーに出なくなった理由のひとつもそれな気がするし。
 

 
「イチミュージシャン」と「幼子を持つ父親」じゃ、数年前~現在のASKAとその周囲に向き合う姿勢は全く変わるはず。
 

 
一部ツイートなんかでChageのヨメにまでツッコんでる猛者がいましたが、そりゃ“母親”からしたらたとえ長年の仕事仲間だとしてもつい最近までヤクザと繋がりがあり、警察のお世話になった人間と必要以上に関係してほしくないと夫に要求するのはごく当然なコトだとも思うし。
 
もっと言えばその”繋がり”が「完全に過去のものではない」という情報を得ていたら…(個人的にはChageとその周囲が「チャゲアスを残したい」と言いながら直接の接触を避けている第一の理由はこれだと思っている)。
 

 
下種な推測が過ぎましたが…苦笑。
とりあえず「極力、騒がれたくない」というのはあるんじゃないかなぁ、と。

 

 
いや…書いてて思った…そりゃ今チャゲアス出来ないって…苦笑
 

 
モロ「たられば」になるけど、2000年前後で1回解散しとくべきだったよな~と。

あの時点で5、6年距離置けばハナシは変わってた気がするんだよなぁ。

 

 

現在こんだけ拗れて、お互い歳とって意固地になってて…って状態で、今から5、6年距離とったとして…どうなるか…。
 
「歳とって丸くなる」とは限らないからね、むしろ固くなる例も数多あるしなぁ(ASKAはこのタイプな印象を受けるし)。

 

 
んーー、着地点が見えなくなってきたのでこの辺で…苦笑

 
まぁ10年後、70過ぎた位でガッツリとライブをするとはいかないまでも、今のポールとリンゴのように「たまにお互いのライブにふらっと出て1、2曲やる」位にはなっててほしいなぁ…程度の希望は持っておきたいですね。

 

 
[adsense4]

コメント

  1. こげぱん より:

    初めまして!
    おそらく同世代と思います。
    中学生時代、SAY YESのヒットでチャゲアスを知り、アルバムは恥ずかしながら、「スーパーベスト2」しか聴いた事がないです。

    最近の脱退騒動で久しぶりに聞きたくなり、CDを借りて聞いていますが、本当に素晴らしい曲が多く、今さらにチャゲアスのすごさを感じています。

    当時は、トレンディードラマの主題歌、ヒットメーカー、大衆ウケする曲。。みたいなイメージがあり、いい曲だと思いつつ、ハマらないままさらっと聴いて終わってしまいました。

    どっちかというと、ASKAのidみたいな曲の方が好きでした。
    ですが、今チャゲアスの曲を改めて聞くと本当に聞き惚れます。
    ASKAの歌詞も素晴らしいです。

    主様の、チャゲアス年表をとても興味深く拝見しました。
    Man&woman聞いてみます。

    そして、ビートルズは大好きなので、CHAGE=リンゴ説、なるほど!と思いました。
    確かに、気さくで親しみ易いキャラクターと、相反する気難しさ、厳しさ、共通しているかもしれません。

    これからのチャゲアスがどうなるかは分かりませんが。。
    まだまだ知らない曲も多いので、これから聴いていこうと思います。

    • せっきー より:

      コメントありがとうございます。
      騒動をきっかけに見直される、という話をたまに聴きそれはそれでありなのか?と思うところですが。

      今はYoutubeなどもあり、サラッと聞く分にはハードルも低いですしね。

      >トレンディードラマの主題歌、ヒットメーカー、大衆ウケする曲。
      表のこのイメージに苦しめられたところはあるでしょうね…ヒットの副作用といいましょうか?

      そこにもがいている2000年前後は各ソロ、CA共にかなり実験的な尖った作品があってよいですよね。

      Man&womanはソロライブでも結構やってるんですが、これに関してはCD音源の出来が素晴らしいのでまずはオリジナルでお聞きください(たしか公式YOUTUBEにフルで上がってます)

  2. マックス より:

    さすがせっきーさん、なかなか鋭いところをついてますね。
    今回ASKAが言ってたチャゲアス黄金比7:3。10周年のビデオの中でCHAGEが「俺はこいつ(ASKA)の倍以上寝てると思う」ってコメントしてたり、年表にも書かれてたモナコでの授賞式後のパーティーにCHAGE不参加だったり、ASKAがアルバムcode name1の曲順に納得出来ず急遽やり直す時にCHAGE不参加だったり…結構ASKAの負担が大きかったからこの比率だったのかなって思いました。2人ともそれでいいと思ってたのでしょうし、このころは間に入る人もCHAGEとASKA両方のバランスを上手く取り持っていたから問題なかったのでしょう(具体的にはナベさん、山里剛、あたりかな?)ところがこの人達がいなくなったことで間に入る人がCHAGEとASKAそれぞれの都合を優先して物事をすすめようとした、それがバランスが崩れてしまったのではないかと思います。
    せっきーさんの言うように2000年頃で活動休止か解散をしてれば良かったと思います。でもそれが出来ない事情があったのでしょう。この頃CHAGEは離婚してますよね。CHAGEが浮気が原因だったとか。もしそれが本当なら高額の慰謝料請求されてそのためにCHAGE&ASKAをやらなければならなかった。ASKAも声を壊していて1人で活動するには無理があった。どちらも想像でしかないですけど。
    デビューから1999年までは運も人にも恵まれて2000年以降は見放されてしまったって感じですね。

    • せっきー より:

      コメントありがとうございます。
      当時は笑い話として消化していますが、今思えば…なトコロってかなりありますよね…苦笑

      スタッフもろもろにミョーな神格化をしている感じには僕は割と醒めていたりするんですが…苦笑
      個人的には聖闘士星矢(知ってます?)の教皇に対するゴールド聖闘士の立ち位置の構図が一番近い気がしてたりします。

      内情をすべて知った上で利害で付いている人、盲目的に信仰している人、ある程度疑いつつもとりえず従っている人、距離を置いて眺める人…まぁ様々だったんじゃないですかね

      少なくともかなり前段から「一枚岩」ではなかったんだろうな、という気はしあm脛。

      2000年からの”惰性”のようなロングツアーの連発が、グループの体力を削りまくったというのは間違いなくあると思います。
      あの感じでライブをするってのは間違いなくメチャメチャバンドやスタッフの空気を悪くしますw

      • マックス より:

        返信が遅くなりました。
        聖闘士星矢はわからないです、ごめんなさいm(_ _)m一度読んでみますね。
        妙に神格化してるのはわかります。その辺の温度差が2000年以降のグタグタの活動に諸に出ていたのでしょうね

  3. シャドウ より:

    さすが!せっきーさん!
    毎度、するどい指摘!考察!すごいですわ。
    いっつも、同感!…いや、よくぞ言ってくれました!と感謝です。
    ありがとう。

    中でも、ピタっと同じ意見がchageの奥さんとこのくだり…当たり前ですよね!家族からしてみればさ

    またこれからも色々とC&Aのこと
    よろしくです!

    • せっきー より:

      コメントありがとうございます。

      いや、まぁしょーもないのーがきですが…汗
      色々残念な感じがですねぇ…なんとも…はぁ…

      という感じで(苦笑)

      まぁなるべく楽しい話にしたいですね。