”プロの技”に酔う

吉本だジャニーズだのゴタゴタが続いて、特に影響や興味が無くても“ドンヨリ感”が出たりして嫌な感じですが…

それらをセンターマイク1本、ふたりのしゃべり一発で“笑い”に変える。

 

これぞプロの技を見た、この動画にはそんな爽快感がありますね。
 
こうしてこそ”笑い・芸人”というメッセージすら感じます。

 

 
何が凄いかってこの動画はマセキの公式がアップしている、ということ。

この思い切り、スピード感と会社として”分かっている”雰囲気もたまりません。

 

 
よく考えると、ナイツ位の中堅で、吉本の”誰もが知っている”芸人の中で、こんな感じでド正統派な漫才をやれるコンビって思いつかないんですよね。
 
別格に中川家がいますが、もうほぼベテラン組だし、自身も言っているように実はあまり時事ネタをやらないという。

 

 
ナイツのネタのいいところは基本フォーマットが出来ていて、新しいニュースが入ってくるとそれを取り込んで順次アップデート出来るところ。
上記動画のネタも基本的には既にあるネタの組み合わせですし。

 
これは演芸場などで連日舞台をやるオールドスタイルの漫才師には当たり前のことなんでしょうが、その伝統的なスタイルが現在の動画配信ベースのリアルタイム性にフィットしているというのも興味深いところです。

 

 
ちなみにチャゲアスファンとしてはKAT-TUNのくだりで「K」をイジってる時にもう「A」を待っちゃいますw
 

 
やっぱ”嫌なこと・暗いこと”をプラスに変えてこその”お笑い”だろう、と。

 
こういういい作品をみるとやはり気分が良くなりますね。

 

 

[adsense4]

コメント