BLACK & WHITEな見解

音以外のA情報をシャットダウンしているため、あれなんですが…
CAをやるやらないの発表を8・25にするとかしないとかで盛り上がっているそうで。

この辺に関して、この前のASKAソロライブを見た感想を受けて、ちょっと考え方が変わっています。

なんつーのかなぁ…

”別に尖ってなくていいや”

ってトコに来たのかなぁ、と。

 

「2年1ローテ位で、アルバム出して代表曲とアルバム曲半々位でやるライブをして…」という感じで、ある程度満足できるクオリティの楽曲・歌・サウンドのパフォーマンスを見せてくれれば、そこに大きな刺激とか変化みたいなものはもう必要ないのかなぁ、と。

 

これは“自分が老けた”という部分も認めつつw

 

常々僕は「クラプトンとASKAは似ている」と思っているんですが、クラプトンも60半ば位までは打ち込みを駆使したり、サポートメンバーに若手を入れたりなど色々してましたが、最近はマイペースにアルバムを創り、無理のないペースでライブをし、お決まりのセットリストで安定のパフォーマンスを…って感じになっているわけですが、多少の寂しさはあれそれはそれで満足なわけです。

 

諸々あった上で、ASKAも“そういうトコ”にきたのかなぁ、というね。

 

 

もちろん本音としては、B’zみたいにここにきてサポートメンバーを一新してサウンドに刺激を、みたいなことをして欲しい気持ちもメッチャあるんですけど、ステージで座って飯食ってる画を見ると、それもまぁ違うのかな、と…苦笑。
 

 
と、いう長い前置きがあった上で…

 

チャゲアス、やってもいいんじゃね?

 

むしろチャゲアス、見たいなぁ

 
という気持ちが強くなってたりします。

 
それまでは「代表曲並べて、大会場で数回ライブやるだけ」みたいな進歩性の無い内容だったらやらん方がマシ

 
などと痛々しく尖っていたわけですがw

 

あくまで“ファンサービスとお祭り”と捉えてそれでもいいんじゃないのぉ?

 

と…

 
今ふたりが60、ポールや小田和正なんかを見るに、体調に問題が無ければあと10年チョイは現役でできそう…
 

 
その中で代表曲を原曲通りにパフォーマンス可能なうちに1、2回、オトナとして割り切っても、ライブを開催してもいいんじゃないかなぁ、という気はしますね。

 

 

と、ホワイトな内容だけでは面白くないので…

 

 
実は別ベクトルから、近い将来にCAが実現する可能性はそれなりに高いのでは?と思ってたりします。

 

 
理由は…

 

 
A氏活動の金銭的な行き詰まり
 

 

…汗

 

 

古今東西
 

解散・再結成の一番の理由はカネ

 

 
というのは常識でございまして、クラプトンがハッキリと「リユニオンは金のため」と公言したクリームはもちろん、ビックバンドの再結成ネタには“公然の噂”レベルでメンバーの金銭問題が付いて回るのが常でございます。

 

 
んで、NGTファンと同等かそれ以上に「運営ガ―――!!」と文句を言いたくなるAサマ周り、この前のツアーの「シンプル」という言葉では逃げ切れないくらいにシンプルなステージセット、などを鑑みるに…

 

 
まぁ何か起こってもしかりだよね?という気がしつつ。

 

 
その時の起死回生策は…となると…

 

 

限られますよねぇ…Y●SHIKIさん??

 

 
みたいな。

 

 
プラス思考で提案するならば…

 

デビットフォスターをPに迎えてアルバム作りたいんですって?、そのためには彼の超高額なプロデュース料が要りますよねぇ~~、そのために…エッツヘッヘ…

 

いい方法がありますぜ、ダンナぁ??

 
と(著者の個人的な妄想です)

 

 

 
まぁビートルズが3人生きていた頃には毎年、数十億円レベルのギャラ提示でライブの誘いがあったといいますから、いくら積んでもゼニで動かないものは動かないわけすけどね。

 

 
以上、BLACK & WHITEでお送りしましたがw

 

まぁとにかく、死ぬまでにもう1回位ライブを見たいなぁ、というのはありますね。

 

 

スポンサーリンク

 

コメント