音楽とかギターとか育児とかテキトーに

どこぞの馬の骨が、ダラダラと浅い知識を殴り書くブログ。

恒例?小池バッシング

選挙ですな。

歳を取るごとに政治ネタは書きにくくなるもんですのぉ。

とはいえ都知事選からの”アンチ小池”としては、この衆院選でも都知事選の再来は防ぐべく、微力ながら“雰囲気オンリーおばさん”こと小池のバッシングを展開していこうと心に決めるわけですが。

残念ながら幸運にも?、今回は彼女の方から自滅しそうな感じなので若干拍子抜けです。

築地問題では、この手のことを決める時に一番やっちゃいけないとサルでもわかる”どっちつかず”を選択、オリンピックもあんだけ騒いで大して節約も出来ず…と都知事として何の成果もない。
その中で政党作って国政へ…ってのは流石に国民を舐めすぎでしょう。

あと超個人的な意見ですが“小池ブーム”が起きなさそうな一番の原因は、プライドが(だけは)チョー高そうなあのオバチャンはおそらく自分より若くて美人でデキそうな女性候補は好まないというとこにある気がします。

キャスター、弁護士、医者、タレント…なんかの女性を動員して、かつての“マドンナ旋風”的なコトをした方が手っ取り早い気がするんですが、彼女はそれはしないでしょう。

だって、下手すりゃ自分が目立たなくなりますから。

日本や東京の行く末など2の次、3の次、百の次…“ゆりこスーパーファースト”な彼女的にそんなリスクを背負うわきゃありません。
だったら自分以上に無能なオッサンや、無知な若手イケメンだけに囲まれてお山の大将をしてる方がいいに決まってます。

とはいえ彼女は“日本初の女性首相というステイタス”が欲しくてたまらないわけで、旗色は悪くとも国政への色気を捨てきれない理由は”それだけ”な気がします。

まぁ文句ばっか言っててもしょうがないので、彼女の「希望の党」のマニュフェストを覗いてみました。

感想…

ふつーー、ちょーーーふつーーー

連合組む色んな野党の地雷を踏まないように配慮して行ったら、毒にも薬にもならない、メチャクチャ面白みも新鮮さもない内容になったという感じです。

目新しさも踏み込んだ感じもゼロ。
とにかく“フワッと”イイコトっぽいことを並べているという、まぁある意味“まさに小池”な感じです。

ただ、その中で挙げている「12のゼロ」ってのはなかなか面白い。


・原発ゼロ
・隠ぺいゼロ
・企業団体献金ゼロ
・待機児童ゼロ
・受動喫煙ゼロ
・満員電車ゼロ
・ペット殺処分ゼロ
・フードロスゼロ
・ブラック企業ゼロ
・花粉症ゼロ
・移動困難者ゼロ
・電柱ゼロ

政策の規模とか、コトの大小なんかを全く考えず、これらのことを同列に並べちゃうセンスな。
これ見ただけで『この政党駄目だわー』とゲンナリできます。

そして恐ろしいまでの尻つぼみ感w
というか原発、隠蔽、献金の3つ以降の『田舎の町長選じゃないんだから…』とツッコみたくなるスケールのショボさw

ぜってコイツらに国政任せたくねーと思わせるに十二分な破壊力です。
これから政権取っていこうという政党のメイン公約のひとつが『電柱ゼロ』てw

んでマジメな話、この12項目の何が一番問題かというと…

最初の原発以外は、全政党・全国民誰もがそう願い、希望することであり、政策として差別化しようがない内容

ということ。
『ブラック企業増やすぞー』って公約を掲げる政党はないw

レベルとしては『交通事故ゼロ』『殺人ゼロ』『戦争ゼロ』『詐欺ゼロ』と言ってるのと一緒。

“そりゃそうだけどさぁ~、で、どうするの?”とw

こんなもんを堂々と出せてしまうことに驚愕します。

とりあえず(そんな人もいないでしょうが)、雰囲気で小池さんに投票しようとしている人は、せめてこのお笑いマニュフェストを一読してからにしましょう。

 

スポンサーリンク

-未分類