音楽とかギターとか育児とかテキトーに

どこぞの馬の骨が、ダラダラと浅い知識を殴り書くブログ。

GET WILD

『サウンド&レコーディング』誌の『GET WILD』特集がサイコー。

元音源のドラム、完全に打ち込みだと思いこんでたら、なんと山木秀夫御大がエレドラで叩いてるという衝撃の事実。

しかも「日本で発売になる前のシステムを海外からいち早く買って使ってた」とか「当時のエレドラは強弱に全然反応しないんだけど、それを逆手にとって無機質なプレイを作るのにハマってた」とか当時からぶっ飛んでる山木氏が凄い。

あの曲のドラムで”スネアを使わない”と提案したのも山木氏だそうで。

「へーの連発」

あとベースを入れずにライブをやってた頃の、シンセベースも打ち込みじゃなく朝倉大介の手弾きとか興味深い内容多し。

『名曲の裏にドラマあり』が存分に堪能できる、良い記事でした。

スポンサーリンク

-未分類