音楽とかギターとか育児とかテキトーに

どこぞの馬の骨が、ダラダラと浅い知識を殴り書くブログ。

C&A

速報『Too many people』ASKA

オフィシャルの発売日前日、アマゾンさんより届きました。

 

これ「1週目」を聞き終え、2週目を聞きながら書いてたりしますw

”新曲だけさらっと聞いて寝よう”位のテンションだったんですが、一気に目が覚めました。

ちなみに、発売が決まって数か月、本人の発言を含めブログ、報道、ツイッターのタイムラインetc...

YOUTUBEの2曲以外は極力外部情報をシャットアウトして過ごしておりました。

どこから何を聞いてもがっかりしかしないのでね…本も読むとしてもアルバムの後にしよう、と。

とにかくまず音を聞こう、と。

そして…

すげーーーよASKA!!!

ここまで〝攻めた”アルバムだとは夢にも思ってませんでした。

既出だった『BE FREE』『FUKUOKA』は決して僕の期待感を上げるものではなく、前のレビューで書いたように『X1』でやっとフラットに〝ミュージシャン・ASKA”への期待値が上がってきましたが、それにしても「SCENE」路線のバラードチックな作品という予想は変わってませんでした。

既出である1曲目、2曲目を飛ばしw、3曲目『リハーサル』でもうぶっ飛びましたね。

その後はもう聞き入るのみ、聞いている間は事件のこと、騒動のこと云々が完全に”どーでもよく”なるというかどっかに飛んでいくくらいに”音楽の力”が凄い。

インディー制作ゆえのサウンドの”荒さ”みたいなものが完全にいい方向にマッチして、これまでの作品と比べて”リアル”な歌声が迫ってくるのもよいですね。

というわけで、取ってだしの「全曲レビュー」行ってみます!!

1.FUKUOKA

これは…1週目では正直聞いてませんw

YOUTUBEのレビューでも書いたように、美しいメロディーに情景溢れる歌詞が載る非常に”ASKAらしい”曲。

まぁ一般に送るものとしてはこの曲になるかなぁ、というのも納得です。

ただ…僕個人の感想として、誤解を恐れずにいれば「アルバム中では一番”大したことのない”曲」という印象だったりします。

世の中的に「再開ASKA=この楽曲」と位置付けられてしまうのは非常に残念だと思います。

 

2.Be Free

ごめんなさい…この曲…しっかりアレンジされ改めて聞き直しても…苦手ですw

無論ある瞬間の彼の”リアル”な心境であったと思うと、必然な楽曲なんでしょうが。

うーーん、僕的に”1,2曲目がボーナストラック”的な認識になってますw

 

3.リハーサル

さぁ、ここからがアルバム本番ですw

かっけーーーー!!!

何十回も言いますが「kicks」を求める僕としては、”待ってました!!”の世界観とサウンドです。

ある意味じゃ、この曲で”ASKAファンに戻った”と言ってもいいかもしれません。

ミディアムテンポのヘヴィロックナンバー

クリシェするベースにざっくり刻むギター、もう〝サイコー!”以外の言葉が出てきません。

歌詞もいい

『つけまつげした女の子たち道を渡る
赤信号でそれを眺めてハンドルを持つ』

このアルバム一聴で一番印象的で好きなフレーズかもしれません、

ライブで「ASAKさまぁ~」な女性ファンが引く中で、この曲をぶっ壊れて熱唱してくれる姿が待ち遠しいですw

 

4.東京

この曲、”チャゲアス”ですw

明らかに『Love Song』を意識したイントロにニヤッとさせられますね。

ポップでありながらBメロへの展開がめちゃめちゃ”攻めて”るところは流石。

締め切りに追われるでなく、時間はたっぷりあった今回の制作、”今までにないメロディー・展開”が随所に出てきたり、かなり実験的なこともしているという印象です。

この辺は一番嬉しいところでもあります。

それにしても名前を伏せてるアレンジャーってやはり十川知司なんですかね?

 

5.X1

これもYOU TUBEのレビューを読んでください…

めちゃめちゃメロディーの美しい曲、『no no darlin'』とか『僕はすっかり』あたりに匹敵する”美メロ”曲です。

あと”全然反省してねー”感たっぷりの歌詞が素敵です。

この曲を聴いてASKAの音楽に”光”を感じたのは間違ってなかったと、自分の感覚を自分で褒めたいですw

 

6.それでいいんだ今は

再びチャゲアスですw

『MOZART VIRUS DAY』を想わせる強引な展開がいいですね。

カウンターメロディーが明らかにChageを意識してるところが素敵です。

『風色のサイダー』いやーー素敵です

あとこの曲、個人的になんか歌詞が”キます”…

明るい曲なんですが、涙が流れそうになりました。

「自分もそんな偉そうな生き方してねーしな」てな気分になり反省しましたw

 

7.Too many people

1曲はアルバムに入ると予想されていた、事件を受けての”本音吐き出しソング”です。

拓郎、長渕、陽水…てなフォーク全開の曲調、めちゃめちゃシンプルなアレンジ・演奏ってのはありそうでなかった感じです。

単純に楽曲としてカッコいいので、〝吐き出し”も抵抗なくすっと入ってきます。

やっぱ本じゃなくて歌です、ハイ。

 

8.と、いう話さ

イントロ~Aメロで鳥肌!!、カッコ良すぎ!!

”これぞASKAロック”という感じです。

世の中的には全く浸透してませんがw、”ASKAの真骨頂のひとつ”と声を大にして言いたい!!。

Aメロの歌い方とか、ボーカル処理は似たようなことはこれまでもチョコチョコとはやってましたが、ここまで大々的にやるのははじめてじゃないでしょうか?

前作『SCRAMBLE』の流れを感じるGSテイストなサウンドも似合いますね。

歌詞的にはアルバムの中で一番”ASKAらしい”気がします。

それにしてもライブが見てーよライブがーー!!

こんな曲を聞かされておあずけはないって~~

会場借りられないなら新潟あたりに自分でただっ広い土地買ってやってくれーw

 

9.元気か自分

こういう跳ねた曲って意外に珍しい気がします。

この曲は今泉&恵美という”チャゲアスバンドリズム隊”の演奏が素晴らしいです。

インディー制作で音数も少なめ(あくまで”ASKAにしては”だけど)でサウンドの処理が荒い分、歌や楽器演奏の”生々しさ”が感じられるのはこのアルバムの肝だと思います。

でも…チョコチョコ顔を出すんですが、この歌詞の感じ…はちょっと苦手です…

 

10.通り雨

イントロが何かの曲に似てるんだけど、それが何か思い出せないw

「アローンアゲイン」とかを思い出す、レトロな感じのサウンドとメロディーが素敵な”箸休め”的なほっこりソングです。

この曲、好きだなぁ~

何がいいとか特別ってわけじゃないんだけど、凄く”いい感じ”だと思います。

それにしても…

『君の瞳が 君の唇が
僕はとても好きで 好きで好きで好きで』

よくこんな歌詞を歌えるなオッサン、とw

メンタルが強いのか天然なのか…やはりASKAはこうであってくれないと、と。

 

11.信じることが楽さ

フォークです、吉田拓郎です、という感じw

アルバム全体に彼のルーツである”陽水・拓郎的フォーク”な雰囲気がありますね。

クラプトンもこの辺の年齢から”ルーツ回帰”的路線が増えてきたので、年齢的な必然もあるんでしょう。

この曲が一番わかりやすいんですが「具体的に何かの曲に似ている」ってわけじゃないんだけど、どこか”聞いたことがある”、”懐かしい”印象がある曲が多い気がします。

まぁ「捨て曲」とはいいませんが、”13曲あるとこの辺にこういう曲が1曲あるよね”という曲だと思います。

 


12.未来の勲章

YAZAWA!!
『何かが変わってるさ~』『誰もがくぐるのさ』が明らかにエーちゃんですw

Aメロの出だしはハマショーっぽくもあるような…

でもイントロは150%のASKAw

そして強引な展開から、やたらとキャッチーなサビへ。
『クールでシュールでキュート』てw

とことん反省ゼロな感じがサイコーです!!

それにしても相当に実験的で不思議な曲ですね。
このアルバムの”攻めた”感じの象徴のような楽曲です。

 

13.しゃぼん
ラストを飾るのはかの『月が近づけば少しはましだろう』を想わせる、壮大&王道なASKAバラード。
まぁこの手の曲がなきゃASKAのアルバムは締まりませんわな。

サビの結びを

『それでも それでも ああそれでも』

とブン投げるところがカッコいいですね。

『さよならが下手で 動けないんだろう』

こんな歌詞が書けるのはやはりASKAだけですしね、よくぞ帰ってきた、と。

それにしてもこんな曲を聞かされて、”ライブおあずけ”を食らうのはシンドイですのぉ。

 

てなわけで、聴いて出し・取ってだしの全曲レビューでした。
とにかく『実験』『刺激』『ROCK』という僕が求めるASKAが詰まった名盤、いや想像の2700倍くらいの快作でしたね。

文中にも書きましたが、この作品で『ASKAファンに戻った』というのが正直な感想です。

いろんなノイズを全部をクリアにして、単純に『サイコーのアルバム』として聴きたい・聴けるパワーのある作品です。

 

スポンサーリンク

 

P.S.
クレジットに僕的にメチャメチャ笑える誤植があるんだよなぁ…

-C&A