音楽とかギターとか育児とかテキトーに

どこぞの馬の骨が、ダラダラと浅い知識を殴り書くブログ。

新曲公開:ASKA「FUKUOKA」

ようやくというか何というか…YOUTUBEで新曲が公開されたわけですが。

とりあえず、ちょっとだけ「本当にアルバム作っていたんだ?」ともの凄い初歩のところで安心した自分がいますw
ゴメンなさいASKAさん、そこから疑ってました…苦笑

てなわけでボク的には、何事もなかったかのように、“メチャメチャフラットに聴けました”

「あの歌声にまた会えて涙が止まりません」「様々な苦労を乗り越えて…またここまでたどり着いた…感動です」的なコトは全くなく、かといってこれといったネガティブな心境にもならず…

久々に新曲が出たなぁ、まぁ最近の傾向いったらこんな感じだよね?
という非常に通常運行の感想です。

まぁ久々に新曲で聞くと“歌、チョーウメェ!!”という当然の所を再認識しますがね。
あの色んな意味での“レンジの広さ”は唯一無二。

んで安定のASKAメロディーの美しさ。

これだけで、音楽界(決して「芸能界」ではない)に飛鳥涼が存在する明確な価値があります。

曲自体は「同じ時代を」とか「いろんな人が歌ってきたように」といった、自分語りの叙情系では流石の佳曲といった感じですね(正直、超名曲とは言い難い気はしますが…)。

ただASKAの“肝”である歌詞に関しては、ASKA自身の他作品で「どっかで聞いたことがあるなぁ」と感じる表現の焼き直しというか…そういうのが少し多い気がします。
ぶっちゃけていえば「ちょっと新鮮さに欠ける」という印象が。

ここはブログに公開されていた散文詩を読んでの危惧が悪い意味で当たっちゃってるなぁ…と。

まぁアルバムトータルで見た時の位置づけとかもあると思うんで、ここはアルバム全曲を聴いて判断するとしましょう。

あと願うことは、変に毒気を抜かれて懐古的だったり、ラブアンドピースに溢れた楽曲で終始しないでくれ、と。

「Kicks」の世界観で魅せている、刺のある“ブラックASKA”が健在であることを切に願いますね。

ここが僕的には最重要ポイントです。

まぁ、とにかくこのまま世間サマに波風立てず、アルバムリリースにこじつけて頂ければ、と。

最後に…

貴方は何十万字のブログの文章よりも、4分の歌声の方が何億倍も人を幸せにできる

という超当たり前のことを理解して欲しいなぁ、と。

スポンサーリンク

-未分類