音楽とかギターとか育児とかテキトーに

どこぞの馬の骨が、ダラダラと浅い知識を殴り書くブログ。

子どもとの日々

育休を取ってみた雑感【殴り書きvar.①】

2016/08/03

後々しっかりとしたテキストとしてまとめようと思いますが、とりあえず活きのいい雑感をつらつらと。

私、ふたり目の出産に合わせて約3週間の育休をとりました。

取った理由としては、長男の時はママは出産後しばらく実家に帰ったんですが、今回は息子の保育園の関係(メンタル的なもののケア&2ヶ月休むと退園しなきゃならない)などもあり、東京で夫婦ベースでやっていこう、となったのがメイン。

その際に、出産後1カ月程度は僕も休んだ方がよいだろうという判断です。

とか偉そうに言ってますが、ぶっちゃけ“話題になってるしせっかくなら取ってみたかった”というミーハー精神がほとんどですw
あとはまぁ基本的に“働きたくない”人間なので、公明正大に休めるなら休んでやる、と…

んで育休生活、ひとことでまとめると“こんないーもんねーぞ”という感じでございます。

世のパパ、取らんとマジで損よ損!!!

なんとなく、“パパが苦労する”みたいなイメージで捉えられることも多い父親育休ですが、取った感想として2週間~1ヶ月程度ならば“楽しいよー、取っチャイなよYOU!!”位の軽いノリで行くのが良いと思います。

そんな育休体験&雑感をつらつらと書いていこうと思います。

そもそも“取れるの?”

まぁ父親の育休に関して一番疑問に感じているのはここでしょう。
その答えは…

半年・1年単位となると話は別でしょうが、今回のように2~3週間程度ならば、“一般的なサラリーマンに関して”という但し書きを付けた上で、“その気になれば9割方問題なく取れる”と思います。

主な理由は以下

・社内規則的に「父親は無理」とは絶対に書いていない(書いてはいけない)
・育休以外でも長期海外旅行など、2週間単位の休暇を取る社員は存在する
・半年以上前からの根回しが可能である

そもそも“規則・法律”でいけば、社内規則の育休規定のところで男女差を設けてはいけないので、「取ります」といえば会社から原則NGは出せないわけです(だからと言って“上から”行ってはいけませんが)。

んでもって、2週間程度といえば新婚旅行などの長期海外旅行なんかで休む人もいる期間です。

さらに直前ではなく数か月前からのスケジュール調整が可能な案件です。

上記を加味するに“有給取って長めの旅行に行く”位のテンションで申請するのが良いと思います。
新婚旅行が通って、育休が通らないわけがないですからw

とはいえ、以下のことは覚悟しましょう

・若干会社で“浮く”
・モーレツ仕事社員からのビミョーな嫌味、一部女子社員からの必要以上の賞賛
・出世・昇給などが遅れる

現状、パパ育休に対する壁の90%位がこの“浮く”ことを嫌うという日本人的感覚だと思います。

とはいえ実際、「流行りに乗って、ケッ!!」「男がだらしない」みたいなことを臭わす人は若干名います。
でも実はそれよりも鬱陶しいのが、ミョーに褒める女子。これ、その裏で実は“引いて”いるのも分かるからさらに嫌な感じだったりもします…

でも、9割以上の社員は”基本スルー”です。
自分が思ってるほど他人は自分に興味がありませんw

ただ出世や昇給などに対するリスクに関しては、その人が会社に欠かせないエース的人材でない限りは“当然ある”と思った方がいい、というか思うべきだと思います。

というか育休や時短は、そのリスクを理解した上で選択するものだと感じます。

この事に関して別に書こうと思いますが、男女問わず会社のためでない時間(育児)を多く作っておいて、フルで働いている人と評価を同じにしろ、と主張するのは図々し過ぎると思いますね。

育休中、何をするの?

育休中の行動に関しては、1週目と3週目でかなり異なりますが、原則“授乳以外全部”が目標ですw

とはいえ育児に関していえば、長男が、赤ちゃん返りしてママべったりで離れないなど、仕方のないママへの負担が生じるので、父親は“家事”を中心に考えるのが良いと思います。

ちなみに今回の育休中、以下のことは基本的に僕が引き受けました。

「息子の保育園への送り迎え」「掃除」「洗濯」「買い物」「食事の支度・片付」

でもこれ…

仕事が無く“それだけ”やると、結構余裕があります
“オシャレなカフェでママ会を開いたり”、“ハンドメイドアクセサリーを作ってネットで売ったり”する位の余裕はありそうですw

ちなみに、“育休中の昼寝&ヒルナンデス”は最高すぎます、背徳感の極みw

とはいえ、あんまり余裕を見せると“テメー何休暇を満喫してんだよ!?”というママからの冷たい視線を浴びるので注意…苦笑

おそらく産後を夫婦ベースで乗り切るとしても、“労力”ということだけを見たら、育休は1週間程度で、あとは時短と必要な日のみ休むというスタンスでいける気がします。

まぁママのメンタルやのんびりとしたペース作りというとこまで考慮すれば、長めに取っておくといい感じになると思いますが。

とりあえず、実際の専業主婦の方には若干失礼な発言になりますが…

“専業になりて―!!!!”

と心から思いましたw

続きます(予)

スポンサーリンク

-子どもとの日々