音楽とかギターとか育児とかテキトーに

どこぞの馬の骨が、ダラダラと浅い知識を殴り書くブログ。

C&A

ChageソロライブDVDを見て

2016/08/03

僕が行けなかったこの前のChageソロライブの映像を見たんですが。

なんだろうなぁ…“何か違う”んだよなぁ…

いやー「チャゲアス曲を歌うなら、やっぱりASKAサマが隣にいないとぉ~」みたいな話ではなくw…

このツアーのセットリストを見た時に、行けなかったことがもの凄く悔しかったんですよ。
「あれもこれもやったの!」みたいな。

それがこの映像みたらそうでもなくなっちゃったというか…

「Sea of Gray~Knock」のメドレーなんて本来は涙ものなはずなんですが、何とも言えない違和感があるんですよね。

つーかなんだあのまったりした歌い方…バンドのサウンドも軽いし…

クラプトンで「レイラ」のアコースティック版を聴いてるのに近い感じというか…そのレイドバック感、要りませんから、と。

あと隣にいた人と違ってw、ファッションでは外さないChageなんだけど、ぶっちゃけ今回、あの高島屋みたいな衣装、スベってません?w

生で見ればそうでもないんだろうけど、映像で見ると「Sea of Gray」とか「CRIMSON」みたいな曲とのマッチングが悪すぎるって。

んーーこのライブ、映像を見る限り僕が嫌いなChageの“ユルさ”が、もの凄く悪い方に出てるという印象。

Chageには“ヒリヒリするような緊張感のあるロック”方面を向いていて欲しいんですよ!!

んでアコースティックライブやファンクラブイベントをユルくやってる分には、僕は行かない・見ないってだけの話でいいんだけど、今回はチャゲアス曲を中心に演るフルバンドライブだからタチが悪い。

あと、このライブ映像を見てて感じたのが“次の一手”が難しくね?ということ。

個人的には1/6でギンギンのロックアルバムを作って、そのアルバムを中心としたツアー的なのを望むんだけど、そんな感じでもなさそうだし…

んーーもう“ASKAが帰ってくるまでチャゲアスを守る”とかそんなんどーでもいいから、汲々としないで好き勝手活動して欲しいと思いますね…

このライブ、Chageの一番の魅力である“自由さ”みたいなものが非常に損なわれている気がしたのが一番の違和感の原因だと思います。

スポンサーリンク

-C&A