『虐待の根源』ここに見たり

最近、50歳から60歳位のオッサンを相手に話をしていて、自分に小さな子供がいるという話題になると、彼らは何故か決まって

『虐待するんじゃねーぞ』

てなことを言ってくるんですよ。

これ、本当に高確率。
それで、その言い方がもの凄~~~くイヤな感じ。

なんつーのかな、とにかく“他人事”で、ふざけ半分に言っているような印象すら受ける。

ある程度育児に主体的に関わっていると、虐待は“全く他人事ではない”という感覚にある種の恐怖を感じながら触れる話題だと思うんだけど、それが全然ない。

オッサン、アンタら自分が全く育児してきてないのモロバレですから、と。

もうね、酔っぱらった野球ファンがスタンドから『しっかり練習しろ~!』と野次ってるに近い無責任さすら感じるわけです。

んでさらにそこに”俺人生の先輩としていいアドバイスしてますから”的ドヤ顔が付いてくるからたまったもんじゃないw

そもそも、“虐待する親の親”の世代がテメーらだろ?という。
むしろキミ、虐待問題メッチャ当事者・責任者。

さらに、こんなこと気楽に言えるオッサン、育児どころじゃなく『家庭』『躾』にまで参加してこなかったんじゃねーの?という疑惑も。

彼らの世代的に『育児』はまだ一般化してなかったのかもしれないけど、そこに甘えて“父親の仕事”といわれる躾までをサボって、仕事とゴルフと飲み会に精を出してたんちゃうん?と

んで、その“躾をしっかりされずに育った子”が“虐待する親”になってるわけですよ。

“今日の天気”位のノリで『虐待すんじゃねーぞというオッサンには、そういうアンタが現在の虐待を生んでいる根源のひとつと自覚して欲しいと心から思います。

んでマジ不愉快だから、二度と口にするな!!

スポンサーリンク

コメント

  1. ムーミン より:

    こんにちは。チャゲアス関係ではないところでですが、育児ブログも楽しく拝見しています。息子さん、3歳のお誕生日おめでとうございます\(^o^)/3歳…最高に可愛くて、最高に厄介ですね(厄介なのは2歳から引き続きですが)。虐待に関しては、結婚して子供を授かり、自分が育児をしてみて初めて、他人事ではない事を実感しました。ホント、紙一重です。ニュースで聞く虐待の話は、悲惨な件が取りだたされるので、胸が

  2. ムーミン より:

    すみません…途中で送信してしまいました。ニュースで聞く虐待の話は、悲惨な件が取りだたされるので、胸が痛いですが、虐待とまではいかないものの、小さい体罰ならしょっちゅうやってしまいますよ。カッとなって手を出しては後悔し、自己嫌悪…。次こそは手を出さないぞと思っても、また同じ事をしてしまう。せっきーさんが言われたその50、60代の男性って、ちょうど自分の親世代位ですよね。多分、育児のほとんどは妻に任せてた世代かと思いますが…それでも多少なりとも育児に関わってた人なら、ああいう発言は出ないように思うんですがね。これは私の持論なんですが、子育てしているか否かに関わらず、女の人って話を聞いて欲しい生き物だと思うんです。子育てに関しても、子供への具体的な手伝いももちろん嬉しいのですが、それ以上に旦那さんに、今日合った出来事とか育児への愚痴とか、子供の成長とか、とにかく共有して欲しいんです。それに対して、的確なアドバイスが欲しいとかそういうのではなくて、とにかく「うん、うん」と聞いて欲しいんです。仕事で疲れてるのは分かってるのですが、帰宅して、奥さんとの会話も無しに、お風呂→ご飯→寝るは不満なんですよね。例え、5分でも話を聞いてくれて、育児を共有してくれたら、孤独を感じずに済むんてすけどね。きっと、取り返しのつかないような虐待をしてしまう人(よくある、内縁の夫が奥さんの連れ子に虐待…のパターンではなく)って、育児を共有してくれる人がいなかったのかな、ひとりで全部抱えてしまったのかな、といつも悲しくなります。私事で恐縮ですが、我が家は子供4人で、主人は多忙、私は専業主婦、転勤で双方の実家が遠方です。今、末子が3歳で今春幼稚園入園です。上2人の小さい時期は義母と同居してたので、主人が多忙でも、義母が色々助けてくれたので、手が出る事は少なかったです(義母がいることが抑止力にもなってたかも)。3人目が産まれてすぐに転勤で、こちら(名古屋なんですが)に来ました。3人目がとにかく育てにくい赤ちゃんで、泣き叫ぶ我が子を布団に放り投げた事、数知れず…。まだ0歳の赤ちゃん相手に怒鳴り散らす、叩く…。今思い出しても、嫌な気分になっちゃいました(子供よ、ごめん!)(ToT)主人の具体的な手伝いは、あまりありませんでしたが、私の話を聞いてくれて、「いつも大変やな」と労ってくれてたのは、ホント助かりました。色々大変な事もある育児ですが、最近やっと楽になってきたな~と思います(一番上の子が、そろそろ思春期なので、また別の問題が出るのでしょうが)。お互いゆるゆると頑張りましょう‼長々と失礼しました。