音楽とかギターとか育児とかテキトーに

どこぞの馬の骨が、ダラダラと浅い知識を殴り書くブログ。

Other

息子の怪我「若木骨折」 ~”出来るようになった”時こそ注意~

この前の週末、ショッピングセンターのプレイスペースで遊んでいた息子。
ちょっと大きい4、5歳の子と並走する感じになりそのまま衝突、転倒…。

もちろん、その場では痛がったんですが、たまにあるコトだし、確認したらグッパーも出来るし、ひじも曲がるし、万歳も出来る…とその場はそのままで。

風呂上りに見ても、若干腫れてはいるんですが、まぁ打撲だろうと思っていたんですが、
夜中に痛がって起きる…
ママが7119に電話して相談、とりあえず救急で病院へ。

実はこの時点でもボク…「大げさだなぁ」と少し思ってました…。

病院にてレントゲン

先生の見ているモニターを覗き見、素人判断で折れては無いなーと未だ若干の楽観視。

先生が口を開く


「ふたつの可能性があります」

「ひとつはいわゆる“ひじが外れる”という症状、もうひとつはこの頃の子どもにありがちな“ポキっと”はおれず、しなる感じにまがる骨折です」

「ひじを曲げても痛がるそぶりは無いので、曲がった骨折だと思います」

えっ…

ただし、その先生は当直のアルバイトということで、再度専門の先生の診察を受けてくださいとのこと。

そして本日、病院に行ったママから

「少しヒビが入っている、骨が曲がっているのは経過観察」

との連絡、全治は2週間程度とのこと。

僕、驚く&血の気が引く…

これ正直、僕の素人判断だけでは2、3日病院行かなかった気がしますね…。

調べてみると、この手の子どもの骨折は非常に多いらしいです。
若木骨折」と言うらしいんですが、子どもの骨は柔らかいので、ポキッと折れずにしなる感じで止まるらしい。

「あまり痛がらない」「腫れが少ない」などの特徴があり、今回のようにただの打撲だと判断し、2、3日後に分かることも多いようです。
「気付かずに放置し、自然治癒している」という事例も少なくないとのこと。

基本的にはギプスで固定して数週間すれば治るらしいですが、稀にその間に折れた箇所の成長が早くなりすぎてしまうなどのことがあるらしく、治ってもしばらく患部の経過観察が必要とのことです。

とりあえず息子は元気そうにはしてますが…ストレスも大きいだろうし可哀想…
しかし子どもの順応力ってスゲェ。
固定した当初は、大泣きで取る取る言ってたんですが、すぐにケロッと笑って遊んでますからね(この健気な姿見てると涙出て来そうになります)

最近、動きや喋りが達者になってきた分、目を切ることも多くなってたし、昔よりしっかり注意してなかったと大反省…
あと周りの年上の子が「赤ちゃん扱い」しなくなるのも要注意ポイント。

3歳位になって、ふいの転倒などが減ってきた時こそ、より警戒すべきでした。
“まだまだ小さい子”と気を引き締め直さななきゃいけないですな。

あと過保護と感じようが、自分の意思がハッキリと伝えられないうちは「痛がったら念のため病院」は徹底した方がいいです。

んで世のお母様、この手の事象が起こった時に“父親の甘い見積もりを信じないようにしましょう”・・・

-Other