音楽とかギターとか育児とかテキトーに

どこぞの馬の骨が、ダラダラと浅い知識を殴り書くブログ。

C&A

『higher ground』 ~チャゲアス・ASKA1曲レビュー~

higher_ground

「例のブログ」を読んだ後はこの曲を聴きたくなります。

■higher ground

『夢』からのメドレーってのも良く考えりゃ皮肉な演出ですねw

1999年年リリースのアルバム「no doubt」収録のナンバー。
問題作「Kicks」で確立した世界観をチャゲアスにフィードバックした、「ASKA流デジロックの究極形」ともいえる名曲です。

ライブでも度々取り上げていることから、本人的にもお気に入りの曲だと思います。
元々の世界観を崩さずにアコースティックに昇華した「Alive in Live」バージョンも絶品。

重厚な8ビートのベースに引っ張られる形で、ジワジワと盛り上がってくる感じがスリリング。「声が出ない」この時期独特の、ウィスパー感のある低音部と掠れるシャウトがプラスに活きているボーカルワークいい感じです。

とはいえまぁ、“今”この曲は歌詞でしょう。
「あっ、そういうことだったのね」と答え合わせが出来ましたw

ASKAの歌詞は抽象的に見えて1度画が見えると情景が具体化することが多いんですが、この曲は読み込んでいってもなかなかハッキリとしたテーマが見えなかったんですが、そりゃ分からねーw

「生きることを与えられた」という表現が鋭いですね。

【購入する】

-C&A