音楽とかギターとか育児とかテキトーに

どこぞの馬の骨が、ダラダラと浅い知識を殴り書くブログ。

子どもとの日々

「つわり休暇」ってどーよ

2016/01/08

てなわけで、来年の春にふたりめの怪獣が誕生予定だったりするわけですが。

いやー、ひとりめの時はまだ前の会社で連日終電生活だったんで、そこまで気にかけられてなかったわけですが、まぁ前回よりは若干時間的余裕も知識もある状態で見ると、妊婦って大変だわ~、と思います。

とりあえず…外から見てて、つわりの重い時期って公的に休みを与えるべきじゃね?と思いますね。

ウチのママに、「つわりの辛さって、男が分かるもんで一番近いもので言うと何?」と聞いたら…

『重い船酔いがずっと続く感じ』

という答えが返ってきたわけですが、ウン…確かにそれは辛い…

男女関係なく「メシ食えない・吐き気がする・常にメチャメチャダルい」だったら、余程大事な仕事が無い限りフツーに会社休む症状ですしね…
重い人は入院する人もいるみたいですしね…これで飲める薬もなく「病気じゃない」とか言われるってどんだけ…ってハナシ。

しかも、この時期は安定期に入ってないんで会社に連絡してない人も多いから尚のコト大変でしょう。

お腹が目立ってくると夫や周囲も気にかけだすと思いますが、むしろ一番サポートが必要なのってつわりの時期な気すらしますね。

もちろん僕も家では怪獣1号の世話や、家事など出来る限りやるようにはしましたが、それにしたってかかる負担は大きいなぁ、と(だって動けないわけですからね…)

最近、街で子ども3人とか連れてるママを見ると尊敬の念しか浮かびません…



"

-子どもとの日々