音楽とかギターとか育児とかテキトーに

どこぞの馬の骨が、ダラダラと浅い知識を殴り書くブログ。

Other

続・集団的自衛権  ~何だよ『戦争法案』って…私は全面的に集団的自衛権容認を支持します~

2015/08/02

デモ風の何か

どーもこの安保問題は心がささくれ立つんだよなぁ…

何だよ『戦争法案』って…

まぁ朝日新聞なら分かるけどさぁ。
あの新聞は赤旗や噂の沖縄2誌wと同レベルってことが改めて証明されたわけですが・・・
仮にも主要マスコミの発する言葉じゃねーって。

そして、それに乗っかってる野党は自分たちが選挙に大敗して止められなかったくせに何を言ってるの?

何度も言うけど「集団的自衛権を認める」ってことが、何故「日本が戦争に巻き込まれる」って話に飛躍するのかが全くわからん…
反対派の人でこのロジックを論理的にしっかり説明できる人って何人いるんでしょうかね?

 

「集団的自衛権を認める」てのは単純に…

アメリカとの相互保障の関係を“国際的にごくごく常識的な形”に正し、アメリカとの関係を安定させることで日本の防衛力を高める

というだけの話だと思うんですけどねぇ‥

前にも書いたけど「日本が攻められたら米軍に守ってもらうけど、アメリカが攻められても協力しません」というのは“あり得ない位に非常識かつ日本の感じが悪いなカタチ”なわけですよ。
戦後間もなくの日本が発展途上で属国状態だった頃ならともなく、曲がりなりにも先進国と呼ばれる存在である現在、とても通用するものではないし、他国に対してもみっともない。

そこを“常識的な形”にしておくというのに何でこんなに反対が起こるのかが全く理解できません。

 

それに加え、集団的自衛権は“対アメリカだけの話じゃない”という視点がすっぽりと抜けているという問題もあります。

なぜなら「集団的自衛権が無い」というのは、今後(というか今すぐにでも)間違いなく必要となるであろうタイ、フィリピン、台湾などのアジア諸国との連携(当然、中国の暴走を止めるためのタッグ)を組む際に、大きな足かせになるからです。

現在、中国は既にチベットやウイグルにしてきた「武力弾圧⇒実効支配⇒領土化」のフローをアジアの色んなトコロでやろうとしている(尖閣もそのひとつ)わけで、それに対抗する“アジアの自治連合”の形成は必須だと思います(欧米は小競り合いに関しては“我関せず”でいたがると予想されるので)。

この連合においては、当然日本は“リーダーとなる立場”なわけですよ。その国が『何かあってもアナタの国に行って一緒に戦えません』じゃ、そもそも連合に加わることすら出来ない。

つまり、「集団的自衛権を認めない」と主張し続けるってことは、(中韓と違いw)親日で感情的にもいい関係を築けているタイや台湾といった国からも見放されかねない危険をはらんでいるわけです。
最悪、“日本が弱者で守ってもらう側”である日米関係においては、現在のような一方通行で都合のいい関係も許容される部分はあるかもしれません。しかし集団的自衛権を認めないと“弱いものを守る側にもなれない”という点を反対派の人たちはどう考えているんでしょうね?
先50年を考えた時には、むしろ対アメリカよりもこっちの方が問題な気がします。

 

とはいえ、もちろんこれは“僕の意見”なわけで反対の意見があって当然です。
でもその反対している人から『じゃあこうすればいい』という代案がほとんど聞こえてこないのが最大の問題だと思います。

ちなみに『とりあえず今のままでいい』ってのは意見でもなんでもない!!!!
『今のままでいい』と考えている人に“反対”を叫ぶ資格は絶対に無いですよ、もしこう考えて「反対」と言っているならば“恥を知れ”のひとことで済む話だと思います。

あと、反対派の希望をまとめるとおそらくこうなります

・戦争は絶対にNG
・自衛隊は“絶対に”海外に派遣しない
・日本が平和なら同盟国アメリカを含め他の国はしらね
・日本が攻められたらアメリカさん守ってね
・中国や北朝鮮とは話し合いで仲良くしようね
・尖閣や竹島はとにかく自分たちのモノ

『国民がこんな図々しいコトをしゃーしゃーと言う国なんぞ攻め滅ぼしてしまえ』という気分になりますなw

そりゃ間違いなく“こうなったら理想”ですよ。
「戦争反対」「自衛隊を海外に行かせたくない」って、そりゃ僕を含めて国民の99%はそう願ってますよ。

じゃあ、その理想を“実現する具体的な方法”を示してくれい、と。
まさか『まずは平和を願う気持ちが大事』『相手を信じなくちゃはじまらない』とか言っちゃうわけ?(←本気で言いそうで怖いな…w)

もうとにかくですね、反対派にはとにかく「集団的自衛権を認めない」とした場合に、「認める」以上に日本がハッピーで平和な方向へ行けると納得できる方策を示して欲しいと思います。

どこの誰かから、この納得できる意見が示されない限りは、“嫌々”ながら僕は集団的自衛権容認を全面的に支持せざるをえません。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Other