音楽とかギターとか育児とかテキトーに

どこぞの馬の骨が、ダラダラと浅い知識を殴り書くブログ。

music

CHAGE"大いに唄う"in武道館 [CHAGE]

CHAGE 大いに歌う in 武道館

書いてる僕が楽しむ想い出しライブレポートw

1998年に行われた「CHAGE 大いに歌う~in 武道館~」を紹介。

ASKAが長期のソロ活動に入り、じゃあ俺も!となったかは分かりませんが、マルチマックスは「バンド」と定義されるので、CHAGE初のソロ活動がこのライブになります。

“上海と武道館の2日のみ”というなかなかチャレンジングな仕様。
これCHAGE側、スタッフ側どちらからの提案だったのかが気になるところですが?

僕はマルチ未経験、完全ASKA派だったため、CHAGEメインでのライブ初体験がこの武道館でした。

ぶっちゃけ凄く期待してたとかそういうこともなく(苦笑)、この前にベスト盤がリリースされていて、『REASON』『レノンのミスキャスト』などチャゲアスのライブではほぼ演奏されない好きな曲が聴けるかなぁ、位の気分で参加しました。

しかもこのライブ、チケットがなかなか取れず、立ち見席でしたね…。

で、その感想。

いわゆる“グルーヴ”や“サウンドのセンス・尖りっぷり”といった点で言えば、チャゲアス関係のライブでダントツでNo.1と言っていい位に素晴らしい内容でした。

とにかく“カッコいい”ライブでしたね。

何というんですかね・・・

例えば、オアシスのノエル・ギャラガーやU2のボノがチャゲアスのライブを見たとしても「ンハー?」とか言って4曲目位で席を立っちゃう気がするけど、この日のライブなら最後までノリノリで見て「ファッキングレートだぜユー」などと絶賛するんじゃないかなぁ、とかそんな印象です。

より分かり難くなってますが・・・苦笑

 

とにかく、本編のレポートへ行きます・・・。

会場には緞帳が無く、アナログレコードのプレイヤーをモチーフにしたステージがセンター気味にせり出して組まれていました。

客電が落ちると、チャゲアスとは違って(笑)センスのいいVJとSEが流れます。

映像が終わると同時にCHAGE登場。
古着っぽいベージュのトレンチコートにダメージジーンズ、ギブソンのアコギといういでたちはほぼ長渕w

1曲目は弾き語りではじまる『NとLの野球帽』。
MTVアンプラグドで演ったのをさらにラフにした感じの骨太な演奏に引き込まれます。

続けて、もはやどっちがオリジナルか分からない、オルタナティブバージョンの『CRIMSON』。

ここで僕は“あのノイジーでぶっ飛んだ音を出すギターは誰だ?”とギタリストに目を奪われます。
これが、後に追っかけのようにライブを見に行くことになる西川進との初対面ですね。

名前は知っていたんですが、チャゲアスでの参加曲が「201号」のアコギなんで、“いかにもスタジオミュージシャン”的なオッサンを想像していたので、メンバー紹介で名前を聞いたときはそのギャップに驚きました。
髪の毛ピンクだよぉ~ギター低く構えてるよぉ~不良だよぉ~、みたいなw。

当時はサポートの仕事を始めた走りだったと思います。
椎名林檎でのプレイで一世を風靡する少し前ですかね。

このライブはベースの恵美さんを除いては20代、30代の若手プレイヤーで固めたバンドだったんですが、西川さんの他にも、皆川真人(KEY:レミオロメンのサポートetc…)など、現在のJ-POPを支えるメンバーがチョイスされているあたりにもセンスの良さを感じます。

時代的にニルバーナなど、グランジとかオルタナが流行っていた頃でもあり、そういう荒くノイジーなサウンドを取り入れたバンドを演りたかったんでしょう(たしかにこれはチャゲアスではやれないw)

このサウンドコンセプトは、『東京Doll』『赤いベッド』などCHAGEらしいサイケな曲に最高にマッチしていましたね。『赤いベッド』でのトリップ感が凄かったのを覚えています。

その他、トリビュートアルバムでボーイジョージが演ったアレンジを逆カバーしたような『夢』、チャゲアスでのライブ定番曲を大幅にリアレンジした『CHACH&REREASE』など、最高に“カッコいい”ロックショーを展開します。
ギタークラッシュが飛び出すなど、西川さんのギターも今より攻撃的で尖ってましたね。

一方“バラードのCHAGE”も健在(こっちが好きなファンの方が多数派らしいですね…)、
聴きたかった『REASON』『レノンのミスキャスト』はもちろん、事前投票で“聴きたい曲1位”だった『告白』(『SAY YES』のカップリング)、中期チャゲアスではラストの定番だった『夏の終わり』など、じっくり系の名曲も堪能できました。

音源だと“少しベタすぎて引いちゃう”印象もあるCHAGEバラードですが、ライブだとこれ位分かりやすい方が映えますね、やっぱりこの人は典型的な“ライブミュージシャン”ですね。

アンコールではASKA登場。

たしかこの時点で3年以上チャゲアスを演ってなくて、ネット上などではファン発信で解散の噂もチラホラ出ているころだったので、この時の歓声は凄かったです。
『武道館が揺れる』『歓声で演者の声が聞こえない』という状況を生で体験したのは、後にも先にもこの瞬間だけ。
一番上の立見席から見ていると映画のワンシーンを見ているような光景でした。

でも、演奏曲は『終章』だけ。
意外にそこはあっさりしてましたw

余談ですが実は『kicks』ツアー最終日にはCHAGEがASKAのステージに飛び入りしてるんですが、こっちは2回目である程度予想もされていたこともあり、あまり騒がれませんでしたねw

でもこのライブってどうもこの『ASKA登場』で片付けられちゃうトコがあるんだけど、それが無くてもメチャメチャ素晴らしい内容なんですよねぇ・・・。
だから今思えばちょっとだけ“蛇足”な感じもあったりします。

いずれにせよ素晴らしいステージであったことには替わりがありませんが。

ユルい方面に舵を切ることも多いCHAGEですが、音楽に関してはこういう尖ったロックを演って欲しいなぁと思ってしまいますね。

あのバンドでアルバム作ってツアーとかして欲しかったですが、あの緊張感や爆発力は短期決戦ならではのものだとも思うので、1回限りで良かったのかもしれません。

『本気のCHAGE』の凄まじさを、これでもかと味わえる最高のライブでした。


CHAGEソロってあがってる映像が少ないんだよなぁ・・・

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-music