音楽とかギターとか育児とかテキトーに

どこぞの馬の骨が、ダラダラと浅い知識を殴り書くブログ。

music

史上最大の作戦 THE LONGEST TOUR 1993~1994[CHAGE&ASKA]

史上最大の作戦 THE LONGEST TOUR 1993~1994[CHAGE&ASKA]

想い出しライブレポート。
今回は94年に行われた『史上最大の作戦 THE LONGEST TOUR 1993~1994』

このライブ、“高校受験の2日前に行った”というマイ逸話を持ってますw

珍しく千葉県内(幕張メッセ)の会場があり、中学生が日帰りで行きやすかったというのがありまして…、
周囲に散々アホバカ言われながら言ったのを覚えております・・・

話は逸れますが、どのミュージシャンにもみられる千葉県民に対する明らかに「都内に来やがれ」的なツアー行程は何とかならんのですかね?
長年のこのスタンスのせいで、房総半島は非常に音楽文化が後退した土地となっていると感じます・・・苦笑

閑話休題

前回の『LIVE UFO』はイベントという位置付けなので、このツアーは『GUYS』『RED HILL』という2大アルバムを引っ提げた非常に濃く、華のある内容でした。

僕が見たレギュラーのツアーでは一番好きなライブかもしれません。

お決まりのオープニングフィルムを経て、『夜明けは沈黙の中へ』~『何故に君は帰らない』というアルバム通りの流れでスタート。この流れは超ライブ向き、メチャメチャアガります。
このツアーで着ていたドイツ軍服をモチーフにした衣装も凄く好き。後にラフな服装になったりもしましたが、“衣装は衣装らしく”カチッとしてる方が好みですね。


それにしてもこの映像で『50周年』とかを語っているのは、今見ると非常に切ないですね…涙

『何故に君は帰らない』『GUYS』『SAY YES』という“それ反則だろ!?”という大物連打にあっさりと持って行かれますw
ちなみに「ヒット曲に飽きてくると曲順が前半になる」というのは、バンド共通の“ライブあるある”w。

中盤はアルバム曲を中心に進行。
『蛍』『今夜ちょっとさ』など、今では隠れた名曲的な位置づけの楽曲も演奏されます。

そういえば『俺の中のイマジン』とまで言っていたのに、何故かその後見向きもされなくなるw『tao』を演ったのもこのツアーだけですね(初演なのにリアレンジしてCAHGEソロで歌ったはず、リハをするうちに『なんか違うなぁ』的な感じになったんでしょうかね?)。

このライブでのハイライトは『RED HILL』、アウトロのコーラスリフレインでいわゆる“トリップする”的な感覚を初体験します。
ちなみにこの後、チャゲアスのライブでここまでのトリップ感を味わったのは、2008年「Alive in Live」、曲はやはり『RED HILL』という。
この曲、CDで聴いてるとさしたる印象がある曲じゃないんですけどね・・・ライブではマジックが起こる不思議な楽曲です。

その他、ライブでのキラーチューンに成長する爽快なポップナンバー『THE TIME』や、恒例ヘッドマイクセクション『Mr.Jの悲劇は岩より重い』などアッパーな曲が続きます。
軸となる楽曲のほとんどが『RED HILL』収録の新曲なのが、このツアーのポイントですね。従来の代表曲を並べるよりも統一感と新鮮味が生まれます。

その後『僕はこの目で嘘をつく』『YAH YAH YAH』『ロマンシングヤード』『PRIDE』という、ド定番な流れでクライマックスを迎え、ラストは…『野いちごが揺れるように』

うーん…

オープニング映像のテーマだったし、本人が気に入っているというのも分かるんですけど…

リアル中学生には“地味だよぉ”w

『野いちご~』はその後のライブでも、いい位置で歌われることが多いんですけど、ぶっちゃけ本人の想いと客の評価が一致しているとはいい難いような気が…
少なくとも僕はイントロが鳴るとテンションがちょっと落ちますw(好きな方にはすいません…)

そして後日談…
アジアツアーではラストが『BIG TREE』に差し替わっていたのを雑誌で読んだ時は“事務所に抗議の手紙を書いてやろうか”という位に激怒しましたw

“充実期”真っ只中だけに、コンセプト・内容・パフォーマンス総てに隙のない素晴らしいライブでした。
過剰演出気味になるコトも多いこの頃のライブですが、全体的にシンプルな構成なのも良かったと思います。

もっとも、これが充実期における最後のライブな気もしますが…(この後の『MISSION IMPOSSIBLE』ツアーは失敗作だと思っている)

「アルバムをリリースし、その楽曲を中心とした構成でツアーにを回る」という、ミュージシャンの“基本”の活動がしっかりできれば、自然と良いものがついて来る、そんな印象のライブでした。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-music