音楽とかギターとか育児とかテキトーに

どこぞの馬の骨が、ダラダラと浅い知識を殴り書くブログ。

子どもとの日々

Peaple(ピープル) いきなり自転車【使用レビュー/息子2歳3ヶ月】

Peaple(ピープル) いきなり自転車【使用レビュー/息子2歳3ヶ月】

購入より3ヶ月たった『いきなり自転車』の現在をレビューします
※前回のレビュー(2歳0ヶ月)はコチラ

 

基本、変化なしw

いきなり自転車、息子のお気に入り。
自分から「じてんしゃのるぅ~」と言ってくるので、週末はこれに乗せて近所の公園まで行くことが多いです。

ただし、まだ自分でこいだりは出来ないので『扱いにくいベビーカー』であることは変わりませんw

しかも力が付いてきて自分でハンドルを切ったりするので、結構ヒヤッとします…。
この前は“これに乗ったママ寝そうになる”という荒業も披露しましたw。

それにしても前回のレビューで書いた「サドル調整ネジの不安」は的中…
イモネジ化しそうなのであんまりスパナを強くしめたくないんですが、そうすると今度はサドルが動く…「大きくなるまで大丈夫かなぁ」という不安は募るばかりですね。

 

少しだけ“こぐ”意欲も

「自分でこいでみる?」とおだて、「ペダルをふんでごら~ん」とするとちょっとだけ自力で進むことが出来るようになりました。
まだ両足を交互に踏み込むことが出来ないので、継続してこげませんが若干の進歩は見せております。

コツとしては公園などで「微妙な下り坂」になっている道を探してあげること、たくさん進んだのを自分の力と思い機嫌がよくなりますw

三輪車だとこの位の歳でこいでいる子も多いことを考えると…やはり2歳前半だと重くて大きいとは感じてしまいますね。

まぁ、ちょっと進んだだけで嬉しそうなので、それもまたヨシって感じですが。

 

“抱っこモード”に入られると地獄

予想されたことですが、これに乗って行った先で『抱っこモード』に入られると、マジで悲惨です・・・涙。

1回だけ片手で抱っこし、片手でチャリを押しながら歩いて帰ってきましたが、シャレにならん労力でしたね。素直に自転車を近辺に停めて、2往復した方が楽だと思います。
じゃなきゃ抱っこ紐を持って行きましょう、これならば“抱っこ&チャリ押し”でも何とかなると思います。

これと一緒に外出した時の機動力のロスはハンパないです…

もう少し大きくなって“下手に遠出して抱っこ紐無し”となった時を考えると恐怖でふるえますw

 



「いきなり自転車」ファーストインプレ&息子2歳3か月時点でのまとめ

てなわけで現時点のまとめを。

  • ・特に変化なし、相変わらず性能の悪いベビーカー
  • ・でもちょっと自分でこいだ
  • ・これ押しつつの抱っこは地獄

次のレビューでは「こぎました~」と報告したいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-子どもとの日々