音楽とかギターとか育児とかテキトーに

どこぞの馬の骨が、ダラダラと浅い知識を殴り書くブログ。

子どもとの日々

親子で葛西

2015/05/23

「葛西」…都内とその周辺に住んでいれば、名前は聞いたことがあると思います(一番有名なのは最近マグロ問題で有名になった葛西臨海公園か)。しかし、近所にでも住んでいない限り「わざわざ行くところ」という認識はないと思います。
しかし、子連れにとって「葛西」とはリーズナブルでかなり魅力的な街だったりします。

まずは地下鉄博物館

地下鉄東西線葛西駅(とはいえここはもう 地上だけど)高架下にひっそりとある地下鉄博物館
その名の通り東京メトロが運営する地下鉄の博物館なんですが、これがとても優秀なスポットです。

敷地は広くはないですが、実物展示車両、運転体験、巨大な鉄道模型のジオラマ…などツボを押さえた展示と、体験型のブースを展開しています。

ここは「電車大好き男の子」の食いつきはMAX、そして密かにパパのテンションもMAXになりますw
子どもの年齢によって興味を持つポイントも変わりますし、2歳~小学校3,4年まで楽しめるスポットだと思います。

入場料は大人200円、子どもは小学生以下なら無料なのでコスパもかなり高いです。
奥にはテーブルエリアもあり、お弁当を持っていけば食費もかからずさらにお得です。

グッズ売り場には限定のメトログッズもあります。

地下鉄博物館
地下鉄博物館

 

無料バスでヨーカドー&島忠へ

地下鉄博物館を満喫しんたら、無料巡回バスに乗って「葛西イトーヨーカドー」へGO!

間違っても都バスに乗ってはダメです、“無料”巡回バスで行くことに価値があるのですw

葛西ヨーカドーは「GU」が入っていたり、大型のゲーセンなどもある大型店で、ここだけでもかなり楽しめるんですが、メインは隣接する「島忠」。

この島忠の抱えるテナントがかなり強力。
なんと「ユニクロ」「西松屋」「しまむら」が同一の建物内に入っています。まるで庶民のための伊勢丹(意味不明)。セールシーズンなど小躍りする勢いでテンションが上がりますね。
おもちゃ売り場やペットショップなど子どもが喜ぶスポットももちろん押さえています。

「葛西1日コース」は、わざわざ交通費を払って行ってもおつりがくる、ボリューム満点の一大テーマパークだと思いますw

 

スポンサーリンク

-子どもとの日々