音楽とかギターとか育児とかテキトーに

どこぞの馬の骨が、ダラダラと浅い知識を殴り書くブログ。

子どもとの日々

かさ かしてあげる

かさ かしてあげるbundan_mark

作者名:こいで やすこ

ほのぼの系絵本の隠れた名作

  • 子供食いつき:★★★☆☆
  • お笑い:★☆☆☆☆
  • ストーリー性:★★★★☆
  • ロマンチック:★★★★★
  • ためになる:★★☆☆☆
  • アート性:★★★★☆

息子に車・電車・おばけが出てこない絵本も与えよう…と思い立ってw何気なく図書館で借りた一冊。

これ、凄く良書だと思います。
どこか胸がキュッとする感じのストーリーと絵柄が良く、なにより「かさかしてあげる」という言葉の響きが素敵です。
一方でリズムやリフレインなど、絵本の基本も押さえているので子どもの食いつきもなかなか。

この作品を機に息子が、晴れていても外出時に「かさ持って行くのぉ~」とせがまれ、降ってもないのに傘をさすハメになる位に「傘好き」にw

「かしてあげる」という言葉を覚えると、「○○かしてあげる」「○○かしてください」と応用が利くので、ボキャブラリーの増加にも便利。
あと「物を貸す」という行動・言葉を通して“親切”の概念を伝えられる点でも良いですね。

男女問わずオススメの作品です。

【購入する】

-子どもとの日々