IN THE LIFE[B’z]

IN THE LIFE[B'z] music

IN THE LIFE[B'z]bundan_mark

発売日:1991/11/27

僕世代にとって「B’zといえばコレ!」という名盤

  • 完成度:★★★★☆
  • ポップさ:★★★★☆
  • アート性:★★☆☆☆
  • ツッコミ所:★★★★☆
  • 初心者向け:★★★☆☆
  • マニアック:★☆☆☆☆

インタビューで松本が「B’zは2、3枚アルバムを出したら辞めるつもりだった」とか言ってましたが、そんな“換金アイドルユニット”が本格的なロックバンドへと変貌する足掛かりとなったアルバムがこの「IN THE LIFE」だと思います。

まぁ、78年生まれの僕世代としては、色々なノスタルジーが絡みついてくるアルバムなんで単純に作品として割り切れるものでも無いんですが・・・苦笑

“インチキロサンゼルス”てな感じのカラッとした「」にはじまり、名バラード「ALONE」までキャッチ―な楽曲がズラリ並びます。

楽曲のキャッチ―さに加えて、稲葉の歌詞がいい感じに中2っぽくて、リアル中2が一発で共感してしまうっていうのもヒットの要因かと。
中2臭全開な「Crazy Rendezvous」とか最高過ぎですw

「Wild Life」「もう一度キスしたかった」など、今ライブでそのままやっても違和感がなさそうな完成度の高い曲が多いのは流石。

それにしても初期~中期にかけてのアルバムを追うごとに明らかに良くなる稲葉の歌は凄い。

元々短期ユニットな予定だったのを、松本に本腰入れさせた理由って、デビューの時点では「いいビジュアルにまーまーな歌」くらいな認識だった稲葉(デビュー近辺の歌とか結構酷いw)が、周囲の予想をいい意味で裏切ってボーカリストとして猛成長、さらに作詞の才能まであった、ということだと思いますね。

それにしても、もはや殿堂入りの“パクリ曲”「憂いのGYPSY」は、20年後に本家エアロスミスと共演する機会が来ると分かってたら絶対作らなかっただろうなぁw

真正面からでも斜めからでも見どころ満載の、懐の深い名盤です。

【購入する】

[adsense3]

コメント

  1. より:

    懐かしいです….。憂いの~がめっちゃ好き!って当時の彼氏に言っていたら、エアロスミスのアルバムかけられて、「おめーこれパクりって知ってっか?」って言われたほろ苦い思い出が….(((^_^;)

  2. twepui より:

    「B’zファン」です。ここのブログの製作者さんは、「B’zだけパクリで、その他はセーフ」とは書いていません。ブログの管理者さんは、ぼくより、頭が良く、僕より、音楽に詳しい人が作っているように、感じます。作文が上手いし、音楽の知識が、ぼくより多い人が書いていますね。ブログを書いた人は、まず、作文が僕よりかなり上手いですね。次に、ぼくの情報はネットから集めた情報ばかりを載せています。そういう違いがあるように思います。ぼくは、音楽には、元々、詳しくないです。インターネットで情報を収集して、すべての作文を書いています。そういう点で、ぼくは、駄目人間だと思います。ブログ主さんは、具体的に、CDをたくさん持っている人が書いていますね。作文を読めば、とても、たくさんのCDを持っていることが推測できますし、当たっている自信しかないです。繰り返すと、ブログの管理者さんは「B’zだけパクリがひどくて、その他はセーフである。」、とは一切書いていません。ネットで調べると、JPOPのほとんどのバンドが他のバンドのメロディーを真似して曲を作っていることがよく分かります。ネットで調べてみてください。ここの管理者さんはそういうことを書いています。ここのブログの管理者さんが、言っていることは、実はそういうことです。管理者さんは頭が良く、音楽にぼくよりかなり詳しい人が書いているため、ぼくの作文はあまり必要ないです。