隠れたファインプレー

CHAGE and ASKA Official Channel C&A

CHAGE and ASKA Official Channel

YOU TUBEのCHAGE and ASKA Official Channelにチャゲアスのほぼ全部のプロモをシレッと公開し続けているのは運営側の隠れたファインプレーだと思います。

誰でも無料で、公式な箇所から提供されている映像・音で代表曲をフルで楽しめるというのは大きい。
フリーのダウンロードソフトを使ったり、アナログ経由でスマホに落とせばあっという間にベストアルバムが出来上がるしw

もはやCDなんてグッズみたいなもので、発禁はあんまり意味を持たないわけで、最後の数年あまりに酷かった運営チームにしてはなかなか粋なことをやるなぁ、という印象です。

なので表玄関としてこのYOUTUBEをオープンにしている意味は大きいと思います。

それにしてもマスコミや芸能界、レコード会社から村八分を食らってる(おそらく今後くらい続ける)状況で、わずかにその糸を繋いでいるものが、ASKAのストレスの一因であったと思われるYOUTUBEやインターネット、スマホというのは皮肉なものですが・・・。

僕の意見としては、これを一歩推し進めて、少なくともASKAソロ作品に関してはiTunesから無料ダウンロード出来るようにしてしまえばいいと思います。
(チャゲアスに関しては相場の半額とかw)

マスコミや世間様が発禁を支持する理由っておそらく「犯罪者に利益が入るなんておかしい、キー!」という意味不明の理屈がからなわけで、タダならば再発に文句を言う人はほとんどいないと思います(それにしてもコレ、ホリエモンとか獄中出版しちゃう人はどうなるの?って話だよなぁ)。

一部のヒット曲を除いては売上なんてたかが知れているだろうし、だったらタダで放出してとにかく本人が出ない間も様々な世代が彼の音楽に触れられるようにするのがいいように感じます。

最近のYOUTUBEへのコメントを見てると既にその傾向がありますが、放っておいても世に作品を出していけば再評価されて当然のものを作っていると思いますしね。

CDでの再発も海外のレーベルから出すとか、最近よくみかける「書籍扱い」(それこそ獄中手記がある限り文句は言わせない)とか色々やり方はあると思うんだよなぁ。もちろん現実では色々難しいとは思いますが、それこそ“失うモノは無い”だろ、とw

とにかく“罪は罪”としても、ASKAの素晴らしい作品を世の中が“亡き者”とするのは忍びないと思います。

スポンサーリンク

コメント

  1. mattsun より:

    マスコミや芸能界、レコード会社から村八分を食らってる

    これって、薬物に対する嫌悪感からでしょうか?
    それともASKA自身が業界から嫌われてるとか・・・?

    以前にTVである芸能レポーターが
    「レコード会社の人は「いつかまたうちからふたりのCDを出してあげたい」と仰ってた」
    と言ってたのでわりと楽観視してたんですが・・・
    1年経った今まだ再販もなく、業界から抹殺されるのでは?と不安になっています。

    騒動後のファンなので以前のASKAの業界評みたいなのは全く知らず
    もしかしたら元々嫌われてた??とか感じ始めたり・・・
    そこまではさすがにせっきーさんでも分からないでしょうか?(笑)

    それから本当にユーチューブは有り難いですね!
    中古のアルバム集め始めてるんですがあまfり聴かず・・・
    個人的にはCD音源より
    あの掠れた声で振り絞ってたり、絶好調で熱唱してたり
    変なアレンジ?いれてたり、そういうのが好きなんですよね(笑)

    あ~ライブに行きたいな~!!!

    • masak0521 より:

      コメントありがとうございます

      テリー伊藤が言ってましたが、マスコミやレコード会社の扱いは単純に今流行の「きぎょうこんぷらいあんす」ってやつだと思います。
      再販に関しては執行猶予があけるまでは無いんじゃないでしょうかね?
      (配信ベースではあるかもしれませんが、というかCDがすでにオワコンなわけでパッケージでの再販はもはや無い気もしますね・・・)

      テレビとかは例えば音楽的才能に惚れ込んだイチディレクターとかが再び世に出そうとしても、組織としてそれはさせないでしょう。
      まぁ薬物・ヤクザ・女性関係の3拍子揃っちゃってたら仕方がないかと・・・苦笑

      あと、個人的には正直彼が裁判で本当のことをすべて言っていたとは到底思えないし、どこぞのヤバイ筋から目を付けられているというのも事実な気がしてるんで、復帰って話が出た途端、余罪を付かれて逆戻りという感じがしますね。

      僕の意見としては「芸能界」的な部分とは完全に決別した上で、ライブを主体とした活動を勝手にやればいいと思ってます(もちろんASKAに復帰の意思があればですが)。
      今は配信もあるから狭いコミュニティに対しての告知はどうにでもなるし、ライブでしっかり歌が歌える余力はあるわけで。

      極端な話、自分で会場に電話してギター抱えてライブやりゃいいと思ってます。
      それなら誰も文句は言えないだろ、とw

      まぁそういう草の根活動的なところから一番遠いところでやっちゃってた人だから厳しい気がしますが・・・
      その辺は震災の時の慰問ライブでギター一本で行った長渕と、フルバンド従えて行ったASKAを比べた時に“地のアーティスト力”的な差を感じたりもしましたね。

  2. じゅんこ より:

    またコメントしてしまいます(⌒-⌒; )失礼します。
    ASKAさんにとって、スマホやYouTubeはストレスだったんですか?!
    使えないから…?笑
    YouTubeで若い頃のかっこいい動画がいっぱい出て知られるのはいいことのような気がしますが、
    圧倒的に現代のアーティストの動画の方が再生回数が多いことが目の当たりにされるのが苦痛だったとは考えられると思いますが。。。

    仕方ないですよね、
    時代は変わりますからね…

    • masak0521 より:

      これはASKAに限らずこの世代のミュージシャンはみんな“戸惑った”が正解だと思います。

      言ってしまえば「飯のタネ」が、無断で晒されてるわけでそりゃ焦る、とw。自分が若いころを考えたら信じられないコトなわけですし。
      「新しいプロモーション」とか言われても、アタマでは納得しても割り切れない部分も多いと思いますしね。

      この手の新メディアは、矢沢永吉とかポールマッカートニーみたいにさらに上の世代は面白がって取り入れるし、ミスチル以降は“当たり前のツール”として認識していると思うので、実はチャゲアス世代近辺のバンドが一番馴染めてない印象があったりします。

      と、いいつつ本人が昔の動画見て楽しんだりすることもあるようなので、「ホンネとタテマエ」の世界でもあるとは思いますが。

      パソコンに関しては、ミュージシャンは作曲で絶対に使うので、平均してその辺のオッサンの何十倍も使えることがほとんどだと思いますw(特にASKAはデモテープにこだわることで知られてますしね)。

      • じゅんこ より:

        お返事ありがとうございます!
        作品が垂れ流しになるのが嫌だっていう部分はあったかもしれませんね〜〜
        でも、オフィシャルサイトでもMVは公開されてますよね〜
        事実、昔の人となってしまったチャゲアスの素晴らしいコンサートの映像たちが、今の人たちの大勢の目に触れるのは好ましいことだと思います(*^_^*)

        コンサートのクオリティが高すぎるから…
        逆に、ASKAさん…レコーディングのときもこんな風に完璧に歌ってくれたら良いのに…とも思います(⌒-⌒; )ごめんなさい。。。

        Walk とか Trip とか、DO YA DO とか、ソロでも 僕はすっかり とか 草原にソファを置いて、など、ライブバージョンがベストオブベストだと思われる作品が沢山あるように思えます^ – ^