音楽とかギターとか育児とかテキトーに

どこぞの馬の骨が、ダラダラと浅い知識を殴り書くブログ。

music

2015/4/27 ポール・マッカートニー@東京ドーム

2015/05/26

ポールマッカートニー 東京ドーム
去年の体調不良によるキャンセルから約1年、ポール様詣をしてまいりました。

公演日直前までぴあやEプラスから営業メールが来ていたんで、少し空席があるのかなと思いましたが、東京ドームの2階席まで超満員でした。

ポールは今まで計4回、すべて東京ドームで見てるんですが今回が一番いい席。
グランドピアノセクションの時に斜め後ろから見る感じになるのがなかなか素敵でしたね。

てなわけで、レポートに。

定刻を20分位過ぎたところで、オープニングSEと映像が流れだします。
スクリーンがトレードマークのヘフナーベースになったところで客電が落ち、メンバー登場。

この日の衣装はビートルズ時代を髣髴とさせるノーカラーのジャケット 。

1曲目は「マジカルミステリーツアー」

前回の公演とはちょこちょこ曲の差し替えがあるとは聞いていたんですが、オープニングナンバーを替えたのは意外でした(4/25日は前回同様「Eight Days Week」だったらしい)。

ポイントはヘフナーベースでこの曲を演るポール。
ライブでの定番曲ですが、マジックピアノを弾くことが多いので、この演出は新鮮でした。

2曲目は新譜からの「Save Us」。
どシンプルなロックナンバーだけど、この曲結構好きなんだよな~。
ある意味じゃ制限があるビートルズ/ウイングスナンバーと違って「おらげの物」って感じでバンドの演奏が一番映えるのがこの曲な気がします。

サウンドバランスとかは“奇跡”といっていい位に音が良かった前回の方が良かったですが、今回は座席位置との兼ね合いもありギターの音が凄く良かった。ドームであんなに細かいプレイまでしっかり聴こえたのは珍しいことです。

ポールのボーカルは前半は苦しそうな場面も見られましたが、中盤以降は絶好調。
当たり前のように演ってるけど、70過ぎて30曲以上休みなしてパフォーマンスするってそれだけで信じがたいことですよ…ホント…

あと前回から2年経って、その間にみんな予習をしてるんで、新譜からの曲も合唱したりと旧曲との反応の差が無くなっていたのが印象的でした。
この辺は「お金を払 わなくてもYOU TUBEで全曲予習できる」ってのも大きいと思いますが…

僕の隣の席にいた、もろリアルタイム世代って感じのおじいちゃんが、開演前にニューアルバムのジャケット見て歌詞を必死で覚えてたのにはグッときましたね。

このツアーを進めるにつれ、ビートルズ/ウイングス/ソロ曲の垣根がより無くなってきたように感じます。

10年の想いがたっぷりこもってた前回とは違って、中盤位までは割と冷静に聞けてたんで新しい発見もありましたね。特にビートルズナンバーにも細かいところで色々と手を入れてるなぁってのが印象的でした(それが良いかは別問題ですが…苦笑)

とはいえ、後半の反則セクションは冷静ではいられませんw
「オブラディオブラダ」で温めておいての「Band on the Run」からの連打はやはり卑怯。

それにしても「Band on the Run」で12弦ギターのストロークが入ってくるところの快感といったら!!、
この曲の会場全体の「くるぞ…くるぞ… まってましたー」感は凄いw

そして「Let It Be」ではこの日イチの演奏。
このれりびーは神がかってました、鳥肌立ちまくり。

ハイライト「Live and let Die」で花火の温度を感じる距離で盛り上がり、さぁ本編締めの「ヘイジュード」

で…

モニタートラブルによりポール様チョー不機嫌にw
何度もハンドサインで指示を出し、最終的にはブチキレて首をかき切る仕草までしてました…歌に全然集中してないからせっかくの名曲も不完全燃焼…苦笑

これ多分、単純に聞こえにくいとかそんなレベルじゃなかたんだろうなぁ…
「下げてくれ」って感じのジェスチャーをしてたから、やたらボーカルがデカいとか、許せない位のノイズが乗ってたとかかなぁ。

最後の”なーなーなー”のコーラスで「だんしー」「じょしー」とかやってる間にスタッフがスピーカーごと交換してました(その後もサインを出してたから改善してなかったみたいだ けど)。

あそこまでガンギレるポールを見れたってのは逆に貴重かもしれませんw

これミックジャガーならアンコールを放棄するんじゃねーか?と思いましたが、そこはポール様、持ち直してくれたのでひと安心。
とはいえアンコールでもサウンドバランスが悪かったんで、PAトラブルが残ったままだった気もしますが…。

まぁ「I saw her standing there」「ヘルタースケルター」あたりの曲で細かいコト気にする余裕はないので全然OKですがw

んでもって僕がポールのライブで一番好きな、アビーロードメドレーで「グランドピアノセクションから降りてきてギターバトルのためにレスポールを受け取るまで」を近いところで見れて非常に幸せでしたw

前回のような感慨はないですが、それでも充分過ぎる素晴らしい内容でした。
欲を言えば、これがもし最後の来日ならば「Baby I'm Amazed」は「My Love」に差し替えて欲しかったなぁ、と思いますが。

年齢的には本当に最後になりそうな予感もしますが、ライブ内容を見る限りまだまだ全然イケるという気もしたんで、去り際に言った「マタ、アイマショウ」を信じて次の公演を待ちたいと思います。

<セットリスト>
1.Magical Mystery Tour
2.Save Us
3.Can't Buy Me Love
4.Listen to What the Man Said
5.Let Me Roll It
6.Paperback Writer
7.My Valentine
8.Nineteen Hundred and Eighty-Five
9.The Long and Winding Road
10.Maybe I'm Amazed
11.I've Just Seen a Face
12.We Can Work It Out
13.Another Day
14.Hope For The Future
15.And I Love Her
16.Blackbird
17.Here Today
18.New
19.Queenie Eye
20.Lady Madonna
21.All Together Now
22.Lovely Rita
23.Eleanor Rigby
24.Being for the Benefit of Mr. Kite!
25.Something
26.Ob-La-Di, Ob-La-Da
27.Band on the Run
28.Back in the U.S.S.R.
29.Let It Be
30.Live and Let Die
31.Hey Jude

32.Day Tripper
33.Hi, Hi, Hi
34.I Saw Her Standing There ※4/25はCan't Buy Me Love

35.Yesterday
36.Helter Skelter
37.Golden Slumbers / Carry That Weight / The End

スポンサーリンク

-music