音楽とかギターとか育児とかテキトーに

どこぞの馬の骨が、ダラダラと浅い知識を殴り書くブログ。

子どもとの日々

「ととととさん」と「カニカニさん」

2015/05/21

現在、息子の中で「ととととさん」なるキャラクターが大流行。

ととととさん

って、オヤジの人差し指と中指なんですけどw
これが歩くと、ととととさん。



初登場はお風呂、グズリ気味だった息子をあやすのに、苦し紛れに「ととととさんがお山に登るよ~」と、もう片方の腕の上を「トトトト」と言いながら登らせたのが最初。これがやたらウケた。

それ以降、風呂入ると「ととととさんする~」とせがまれ、そのうちにさまざまに進化。「大きいととととさん」「小さいととととさん」「分身ととととさん(ただの両手w)」「ととととさん空を飛ぶ」「泳ぐととととさん」「ととととさんのかくれんぼ」「ととととさんはどっちからくる?」など…ととととさん絶賛増殖中(ととととウルセー―w)。

でもととととさん、外食時や電車の車内などでもフル活用出来るので、なかなかに優秀。

しかも最近じゃ、オヤジの言うこと聞かなくてもととととさんの言うことは素直にきいたりしますw


んでこの「ととととさん」の地位を脅かすべく登場した新キャラが「カニカニさん」
カニカニさん

エッと…見たまま…ただの洗濯バサミw

子どもの握力・手先強化と、洗濯のお手伝いを習慣づけるためにオモチャとして与えてるんですが、カエルやウサギのキャラが付いたのよりも、どノーマルなのがお気に入り。
んでその時にまたもや勢いで「カニカニ~」としたのがウケ、以降「カニカニさん」として のキャラを確立。


最近ではこの両名、風呂場や洗濯干しの枠を超え、おままごとなどの相手としても活躍。昨日の息子は、手作りの汚ったねーフェルト製おにぎりを持って「一緒に食べよ~パクパクパク」と、“右手のカニカニさん”、“左手のととととさん”にご飯をあげるというのを延々やってました。

その画を冷静に見て僕は、“ものスゲェ貧乏な家みたいだな”ということに気付き脳内爆笑したわけですが…


まぁ手遊びや、日常の雑貨を使った遊びってのはやっぱり基本ですね。
子どもあやすのにスマホアプリなんて使うくらいなら絶対に「ととととさん」ですw

んで、他に大量におもちゃがあるのにも関わらず、「ととととさん」を好んでで遊んでくれるってのは非常に嬉しかったりもします。

スポンサーリンク

-子どもとの日々