音楽とかギターとか育児とかテキトーに

どこぞの馬の骨が、ダラダラと浅い知識を殴り書くブログ。

Other

EBEL(エベル) 1911

2015/05/19


■EBEL(エベル) 1911

EBEL(エベル)のシンプルな3針モデル。

シンプルかつ上品(時計好き的には“ドレッシー”とか言わなきゃいけないのか?w)な3針が欲しくて、探し当てたもの。
ほぼ未使用の美品中古、かなり安い値段で買えました。

このエベルは海外ではそれなりに評価があるみたいですが、日本ではかなりマイナーブランドですしね。でも、時計に限らずこういう「モノは確かだけど日本では無名」てなメーカーは気に入ったものがあればリーズナブルな買い物ができると思います。

スイスメイド、クロノメーター、(ゾンビであろうが)一応100年ブランド、デパートとか正規店で買うと20万オーバー・・・と、とりあえず「時計が好きです」と言えるレベルを1本の「1本」を手に入れたという感じですかね…苦笑

流石にパッと見の質感は全然違います、ベルトも本物のワニさんだしw
特に文字盤の美しさにはうっとりします、針の輝きやギョーシェ彫りの繊細さなどは、カジュアルウォッチのそれとは一線を画します。

ただ貧乏性な自分的には、なかなか付けて外出できません・・・苦笑(よくみんな何十万もする時計付けて外出するなぁ、と思う)
特に最近は子連れなことが多いので、革ベルトの時計は敬遠しちゃいますし。

最近はオリスを付けて外出することがほとんどなんですが、やはり“自分の分にあった物”っていうのはあるなぁと感じます。
オリス付けてると落ち着くし、自分にしっくりするんで、僕の“分相応”ってのはその辺なんだろうな、と。

エベルは今のところ、普段使いは出来てませんが「特別な日に付ける物」があるってのもなかなかオツではあります。


スポンサーリンク

-Other