再考CHAGE&ASKA年表 2002年

CHAGE and ASKA STAMP C&A

CHAGE and ASKA STAMP

この時期って実はかなりアクティブに活動してるんですよね。

前年に引き続きロングツアーに出る2002年。


■セルフカバーアルバム「STAMP」リリース

バンドの「危険フラグ」のひとつ、セルフカバーアルバム。
話は逸れますが「代表曲のボサノババージョン」って絶対イケてないのに何でみんなやるんでしょうね?w

と、いうわけで…セルフカバーアルバムをリリースw

ひとつ前のシングルのカップリングで好評だった「砂時計のくびれた場所」「HOTEL」を受けての感じですかね。

いや~、なかなかに香ばしい作品に仕上がっております。

とりあえず最初にいいところをw

先行して世に出た「砂時計のくびれた場所」「HOTEL」に加え「太陽と埃の中で」「WALK」あたりは素晴らしい出来。ある部分じゃ“原曲を超えたんじゃ”と感じる新しい一面を打ち出した名演が楽しめます。
もうね、この4曲のミニアルバムで良かったんじゃね?という勢いw

特に代表曲でもある「太陽と埃の中で」は、拳あげちゃう感じの元アレンジがこの時点では結構イタい感じになってたので(確か本人もそんなことを言っていた)、落ち着いた横ノリへのリアレンジは大成功だと思います。

で、だ…

後はもう、数合わせみたいなのがゴロゴロ。

「You are free」「river」「終章」など、確かに違うんだけど、それで特に印象が変わったとか、新たな魅力が加わったとかが決してあるわけでも無い…

“で、だから?”

みたいな曲が続きます。
「You are free」なんてアルバムを久々に聞いた時、入ってたことそのものを忘れてましたからw

その他、「あのイントロを聴くのも嫌になってたんだろうなぁ」と伺われる「SAY YES」のあまりといえばあまりの酷さに笑い転げたり。
出来の悪いDJリミックスを自分たちで作ってどーする?と。

個人的には「YAH YAH YAH」でのブラックASKA全開のボーカルは“アリ”だと思いますが。これもこの当時は歌いたくなかったんだろうなぁ~、ものすげー投げやりな歌は何度も聞いてるとクセになりますw

たしかこのアルバム、コピーコントロールCDでプレイヤーに取り込めなかったんだよな。そんなこともあってか、非常に存在感の薄いアルバムです。


「頑固オヤジが作る極太面、背油たっぷり、大盛り、全部のせラーメン」みたいなギットギトの演奏w、昨日今日の若造には真似出来ないオヤジ汁あふれるサウンドが素敵です。
あまりにダサすぎて5週位してカッコいいと感じられるエンディングのアレンジも最高。


個人的には「Knock」「CAN DO NOW」と共に「3大ダメンズが女に逃げるソング」と呼んでおりますw
「ただのやさしさに取り乱すあなたに 僕は安らぎ覚えた」とか言っちゃう男は相当悪質かとw


■ツアー「THE LIVE」

メチャメチャ投げやりなツアータイトルにすべてが集約されている感じですが…

「オリジナルアルバム無きロングツアー」という苦行の旅に出ることに。
何とかモチベーションを見つける材料としたのが「セルフカバー」ってのも悲しい話ですが。

この後の「two-five」は25周年っていうのがあったし、「DOUBLE」はアルバムツアーってことを考えると、ASKAがよく口にしていた「意義」「理由」という部分では一番しんどいツアーだったと推測されます。

でもこのツアー、「やるからにはしっかりしたものを」というギリギリのところからの責任感とモチベーションが感じられて結構好きなんですよね。

ASKAの声がいよいよって感じの時期だったりもして。
盛り上がりポイントを後半の「ひとり咲き」「何故君」あたりに集中させておいて、前半は 負担の少ない曲やCHAGE曲で何とか乗り切る…みたいな苦悩や工夫も伺えて面白いです。

オリジナルアレンジでの「SAY YES」「YAH YAH YAH」を外してるから、盛り上がりのピークが「THE TIME」だったりするのも新鮮味があってマル。

あとアルバムに入ってない「夢の番人」「この愛のために」「僕瞳」「trip」あたりのリアレンジが非常にカッコいいという、エネルギーの使いどこが間違ってる感じなのもいとをかし。

そういえばこのツアーの「この愛のために」って丸々2番をカットしてるんだけど、これにより歌詞の肝であり、個人的にも大好きな

「ふたりは小さな複数だけど とても大きな勇気になれる」

というフレーズが無くなってるんですよね。
当時も凄く残念に感じたんだけど、今となってはこのフレーズをカットしていることに変な意味を深読みしてしまいます…。


ドラム今泉氏が「スティック2本ずつもって人工ショートディレイ奏法」なんていう小技を魅せてますw
やっぱりこの曲の2番カットは気になるなぁ・・・


「つまり恋人にこ~~~いびとが出来た」っていうブレイクにはマジぶっ飛びますな


僕の原点と呼べる曲。やっぱカッコええわぁ~~

コメント

  1. じゅんこ より:

    The Live のときにファンクラブを否定していた、というのは、どういう発言があったのでしょうか?
    このブログの記事のどこかにすでに書いてある内容ならば私の読み落としです。すみません。

    • masak0521 より:

      僕自身が“ファンクラブを否定している”人間なんでw、そのへんが分かんないんすよねぇ。

      生でこのMCを聞いてるはずなんだけど、正直たいした印象に残ってないです。
      なんかネットとかで騒がれててむしろ驚いたという感じでしたね、「そんな変なこといってたかぁ?」みたいな。
      ぶっちゃけ僕がアンチファンクラブなので、むしろ肯定的に聞いてたんですよねw

      むかーしのことなんで記憶が定かではないですが、ニュアンスとしては「ファンクラブ」っていう響きがいかにもで好きじゃないとかそんな感じだったように思うんですけど・・・
      ASKA世代にすると「ファンクラブ」といわれて思いつくのは、いわゆる聖子ちゃんとかおニャン子みたいなアイドルのファン集団(そろいのハッピ着てイエーみたいな、今で言うヲタ芸に近い)って感じで、それがおっさんで純然たるミュージシャンである今の自分たち似合わない、てのが僕の解釈だったんですよね。
      平たく言えば「いい歳してファンクラブもねーだろ」という至極もっともな発言だったように思います。

      もしくは、ASKAが「金集めて客を囲い込んでそいつらだけを優遇する」ことに違和感を感じていたんだとすれば、“非ファンクラブファン”な僕としてはむしろもろ手を挙げてこの発言に賛同しますw

      あと、この前後で「ファンと一緒にグアム旅行」なんていう、それこそ落ち目のアイドルか演歌歌手かよてなイベントをやったりした記憶があるんで(当時ブログで「こんなことやるなんてふたりに失礼、バカじゃねーのファンクラブ」とか激怒した記憶があるw)、暗にスタッフ批判的なものも含まれててそれを敏感に感じ取ったというのはあるかもしれませんが。

      まっ、色々ストレスがたまっててついポロっと本音が出ちゃったという感じではないでしょうか。

  2. じゅんこ より:

    あー、そんなんですね。
    飛鳥さんって結構、信者ファン増えがちなんじゃないですかね。私はミスチル一時期大好きでしたが、ファンクラブに入ろうとは思いませんでした。
    飛鳥さんは尾崎豊的な、カリスマオーラがある人なんでしょうか。私は尾崎も好きでしたが(笑)、コンサートとかで、ちょっと理解不能で深そうな語りを入れるタイプは、教祖様になりがちなんでしょうかね。

    いわゆる全盛期の飛鳥さんはその前後に比べて相当いい男だし、歌も上手いし、一挙一動がカッコいいので男でも惚れただろうと思います。
    GUYSなどのコンサートのライトアップも神々しかったですね。

    • masak0521 より:

      いつもどうもです

      んー”教祖的”というにはちょっとスキが多いきもしますがw
      女性でああいうタイプの男にハマる人がいるってのは分かる気もしますが・・・苦笑
      ちょっと特殊なタイプかもしれませんね・・・

      とりあえず歌っている間は凄いオーラですけどね☆☆

  3. じゅんこ より:

    ↑冒頭、そうなんですね、の間違いです。すみませんm(._.)m

    そしてまだ書きます、すみません。
    信者が出来がちなのは、
    いわゆる一般受けしないタイプのアーティスト、そして一般受けしないタイプの人間だからかなぁ、とも思います。
    ミスチル他売れるアーティストは、存在が「ファッション」になりうるかどうかが大事だと思います。けれど、チャゲアス特に飛鳥さんは、ファッション性に欠けると思いませんか?!服や話し方がダサいってことだけじゃなくてですね(^-^)
    だから、普段 (当時から?)肩身の狭い信者にとってはファンクラブというコミュニティー、その肩書きが嬉しいからですね。私も今あれば入りたいくらい…

    うざいファンクラブが嫌ならば、飛鳥さん自身が大衆ウケする人間になるか、他のアーティストといっぱい交わって俗にまみれたり、という変化が必要だったと思います。
    結局、ファンクラブが濃厚なのも飛鳥さんが生み出した現象だからファンを責める前に自分のキャラを見つめ返すべきだったと思います。長男にありがちな、自分が見えない性格なんでしょうね…

    • masak0521 より:

      僕の意見としては「マイナーともちがう特殊な集団」を形成してる感がありましたね。
      元々はアルフィーとかスタレビタイプだと思うんですけど、ブレイク期があったことでちょっとその形成やファン層の成り立ちがちょっとぶれて歪んだかな、というのはありますね。

      ファンクラブは僕1年も入ってなかったので何ともいえないんですよね・・・

  4. かーなー より:

    横レス失礼します。
    ファンクラブ否定発言を収録日にしているのは、『DOUBLEツアー』ではないでしょうか?
    アンプラグドライブをするというMCの際にしていました。
    THE LIVEの時は、少なくとも収録された内容にそのようなものはなかったと記憶しています。……VHSなので、もう観れない…っていうか、先日引っ越した際に処分してしまったのでww←テープにカビが……だったのもあるのですが。
    ついでに…www
    僕は、Mr.Childrenがど真ん中世代で、一時期めんどくさい感じに見えて遠目で確認する程度にしていましたが、今回のアルバムはかなりいいです。バンドに戻ってます。『新しい』のではなく、回帰しています。ある雑誌のインタビューでも桜井氏が言っていますが、『古新しい』ところにきています。
    ASKA逮捕で大泣きした、現在小2の娘はサラッとMr.Childrenに乗り換え…w
    そのうち自分の歳に合った音楽に出会うのでしょうが、今はそんな感じです。
    って、何の話でしたっけ??
    あ…。この頃は、『新曲リリースよりライブ』ってのが、良い意味で通っていた、通せていた頃かな?と思っています。
    でも、『YAH YAH YAH』…ライブでは拳上げたかったなぁ……wwwww

    • masak0521 より:

      そうでしたっけ?
      もう記憶がガタガタw

      どっちみち会員じゃないんでFCネタには特に感情の動きがなかったので・・・苦笑。

      ミスチルは僕にとって「好き」なんだけど「ファン」じゃない典型なんですよねw
      アルバムはチェックしてるし、ライブも行ったことあるんですけど、入りきらないって感じなんですよね~

      他のとこでも書いたんですけど、中田とかイチローみたいな印象なんですよね。
      凄いってのは分かるんだけど、どーも隙が無さ過ぎて感情移入しきれない感じですかね。

      清原とかカズみたいに凄さに「(笑)」が付いちゃう漢字のほうが入り込めすね。
      そこはASKAも一緒という感じです。